格安ウェディングで選べる結婚式場~費用を抑えたいなら特に「レストラン」がおすすめ~

格安結婚式には式場の選択肢が少ないイメージがありますが、決してそんなことはありません。

現在では、会場の種類も劇的に増えており
一般的な仲介サービスと同じくらい、迷ってしまうくらいの会場数があります。

理想のイメージが決まっているのであれば、最初にしっかりと担当のプランナーに伝えましょう。

  • ホテル
  • レストラン
  • ゲストハウス

と、結婚式場のほとんどのジャンルが選択肢に入っており
かなり高いランクの有名ホテルが格安で選択できることもあります。

もちろん会場によって、値段も変わってきますし
呼ぶことが出来るゲストの数(キャパシティ)も変わってきます。

値段や人数も大切ですが、自分達の好みや
何を基準にして選ぶのかをしっかり決めておく必要があります。

  • ゲストハウスウェディングがやりたい
  • 年配の人が多いのでできればホテルで
  • 地方から来るゲストもいるので駅から近いところがいい

様々な希望から、絞り込んで選んでいきましょう。

いいなと思っていた会場が格安でできる!

と言った、ラッキーなパターンもあります。

多くの格安ウェディング会社が、無料相談や会場見学ツアーを催しています。

こういった機会を利用して、気になる会場を徹底的に観察しましょう。

やはり、自分達の目で見て判断することは欠かせません。

ぜひ、無料の会場見学をデート気分で楽しみましょう。

やはり「レストランウェディング」がおすすめ!

とは言っても、

リーズナブルに挙げることをコンセプトとした際に、最もおすすめであり
費用を抑えたい、と考えるのであればこそ「レストランウェディング」を検討すべきです。

会場の数も増え、質も劇的に向上しているコンセプトになります。

レストランウェディングとは、その名の通り「レストラン」で行う結婚式であり
以前から利用者はいましたが、ホテル・専門式場(ゲストハウス)とはやや一線を画す存在でした。

しかしながら、<その特徴>が受け入れられる時代になったこと
それによる利用者が増えるに従い、今まであまり知られていなかった
様々な魅力が広まったことで、より多くのカップルに利用されることになりました。

現在のカップルの傾向を考えれば、まず最初に・一度は検討すべきコンセプトと言えます。

レストランウェディングの、最大の魅力とは・・・
やはり「リーズナブル」である点である言って、間違いないと思われます。

時代の流れと共に、結婚式の予算は減少傾向にあり
ひと昔前に比べ、明らかに「節約傾向」のカップルが増えています。

「バブリーな1日」といった印象から、より「内容」が重要視されており
「コストパフォーマンス」を、無視するカップルは少ないと言えます。

余計なお金が発生しない

なぜ、レストランウェディングがリーズナブルなのか?と言えば
それは「余計な費用」が、発生しない仕組みとなっているためです。

結婚式の「総費用」というのは、非常に数多くの項目の合計になるものであり
「会場使用料」や「サービス料」といったものも、含まれていることと思われます。

特にホテル会場に関しては、訓練されたスタッフによる
手厚いサービスのために、サービス料がやや高い傾向があります。

また専門式場は、やはり専用の施設であり
挙式施設・披露宴会場が、明確に・基本的に高い設定となります。

一方で、レストランにおいては「料理代」と「席料」といった
いわゆる「宴会」の費用で、ある程度を賄うことになるため
「いちいちお金がかからない」ということが、費用を抑えることにつながるのです。

そのため「レストランのコース」と聞くと、高い印象がある方も多いと思われますが
一般的な結婚式場のコースと比べても、「費用全体」で考えれば抑えることができるのです。

結婚式における、様々な費用に関しては
「仕方がないか・・・」といった、意見もある一方で
「なんでとられるの?」という、疑問が浮かんでしまうものでもあります。

そういった悩み・疑問が浮かばない点は、非常に大きなメリットと言えます。

基本的に美味しい

そもそも、レストラン本来の役割として「ご飯を提供する場所」になります。

そのためホテル・専門会場に比べ、<基本的に美味しい>ことが挙げられます。

最近の結婚式場としては、形式に関わらず料理にこだわった式場も多いですが
そういった会場に比べても、やはりクオリティは明らかに違うものになります。

そのため、

  • 派手さは一切いらない
  • イベントを特に設けない

といった、「食事会」としての時間を過ごしたいカップルにぜひおすすめと言えます。

ゲストの満足度にとっても、「料理が美味しかった」というポイントは

その他の要素に比べても、圧倒的に印象がよいものであるはずです。

個別の結婚式場の解説と評価のコーナー

レストランウェディングを挙げる際の注意点

レストランウェディングのデメリットは、メリットとの表裏一体と言えます。

「ないから安くできる」ということは、「欲しくてもできない」ことでもあり
まずは、<様々な設備が必要な演出・オプション>の実現が難しいことが言えます。

「そもそも、求めていない」のであれば、何も問題ありませんが
料理・歓談以外に要素を求める際には、やはり専門式場等に劣る点も多くなります。

基本的に広くはない

ホテル・結婚式場というのは、巨大な施設になります。

多くの人を収容することが目的でもあり、それに伴い設備も充実したものになりますが
レストランの場合には、食事を目的に来訪した人を対象に作られているため
そもそもが「巨大なレストラン」というのは、非常に珍しいと言えます。

そのため<披露宴のメイン>とも言える、料理の質が高い一方で
「挙式」を挙げるためのスペースは、やはり「しょぼい」ことも多いことは現実です。

ただし、最近では「独自の挙式スペース(コンセプト)」を持ったレストランや
「挙式は他の会場で挙げてから、披露宴をレストランで」というカップルも多く
レストランと提携している挙式会場も多いため、様々な選択肢から選べることも多いようです。

本来はあくまで「食事」を提供する場所

上記しましたが、レストランウェディングがリーズナブルな理由として
”余計な設備・人件費”をかけずに、レストランスタッフで賄っている点も大きな理由です。

基本的には、「飲食店としてのサービス」を提供する施設であり
「結婚式のためのサービス」には、慣れていないお店も多いです。

特に、ブライダルのサービスを提供し始めて間もないレストランは
お店・スタッフ含めて、不慣れなことも多いことが現実です。

そういった点からも、「ブライダルに歴史を持っているレストラン」を選ぶことが
レストランウェディングを成功させる、大きな秘訣でもあります。

基本的には、「少人数でのささやかななお祝い」に向いているコンセプトであり
「少人数ウェディング」の際に採用されることが多いと言えます。

しかしながら、ブライダルのサービスを提供していて且つ
「80人以下なら窮屈でない」といったレストランは意外と多いのです。

様々な仲介サービスも、レストランウェディングを特集しており
かつてないほど、レストランウェディングが挙げやすくなった時代でもあります。

また、「準備しなくてはならない項目が少ない」という点は
レストランウェディングが秘める、最も大きなメリットとも考えられます。

何より、結婚式場よりも圧倒的に多い業態であり
実は”選択肢が多い”という特徴もあり、最近では都内・地方関わらず
(結婚式に使える)会場自体が、増えてきていることからも
今後ますます利用者を増やし続けることは、間違いないと言えるはずです。