美しいウェディングドレス姿を手に入れるために「綺麗な背中」を手に入れる

ウェディングドレスを着た際に、気になる部分として
「胸元」と「二の腕」という、露出している部分がまず挙げられますが
それに加えて「背中」という意見も、非常に多いものと言えます。

気になる中身としては、「お肉が醜い」や「汚い」という
その他のパーツと、それほど変わらないものになりますが
なにせ「面積が広い」ということが、悩みを大きくする理由となります。

そのため年配の方や、出産間もない方(背中がだぶつきやすい条件)は
首の付け根から、手首まで全て隠す設計のドレスを着ることも珍しくありません。

実際には、「隠す」ということも1つの方法になりますが
しかしながら、本来であれば「美しい背中」を手に入れたいと思っているはずです。

背中とは「花嫁姿の顔」とも言える部分であり
お肉が乗っていないこと、表面が綺麗な状態であることが理想であることに違いありません。

ぜひ「背中痩せ」にプラスして、「スキンケア」に関しても本気で取り組みましょう。

見せたくない背中は隠す?綺麗にする?

基本的には、<背中だけ太っている>という人間は少ないはずです。

背中お肉が気になる、という女性は基本的に太っている・・・
もしくは、”ややぽっちゃりしている”ということは否定できないはずです。

そのため、結局は「全体的に痩せる」ことがまず必要です。

必ず、背中も比例して痩せていくはずです。

ドレスの変更も検討してみる

また、背中のお肉が閉める部分(コルセット)の後ろに
”乗ってしまっている”のであれば、おそらく「苦しい」ことと思います。

それは「サイズ」が合っていません。

当然、気づいていることと思われます。

そういった場合にはやはり、まずサイズの変更も検討するべきです。

と言うのも、

万が一そのままで当日を迎えてしまった場合には、
結婚式の途中で、具合が悪くなる可能性が非常に高いです。

痩せている人であっても、体調を崩すことは多いのです。

もちろん、「どうしてもこのドレスを着たい!」という方は多いはずです。

そんな「ドレスを代える選択肢はない!」という方は
それほど強い気持ちがあるなら、ぜひダイエットを頑張ってください。

背中のお肉の問題は、とにかく全体的に痩せるしかありません。

ベースとなる「姿勢」を正す

また、仮に

  • 太っていない
  • ドレスのサイズは合っている・特に苦しくはない

ということであれば、間違いなく<姿勢が悪い>はずです。

背中というのは、そもそもお肉が付きにくい部分であり
肩甲骨・肋骨という骨が存在し、「脛」や「手首」と似た条件であると言えます。

それでも「だぶつくほど」ということであれば、姿勢・骨格に働きかける必要があります。

時間がないのであれば、「整体」という手段もありますが
やはり日常的な、姿勢の矯正が何よりも必要と言えます。

加えて、「体幹」を整えておくことも大切です。

花嫁の「体幹」を正すおすすめのアイテムの解説

痩せただけで「見た目」が綺麗になるとは限らない

花嫁にまつわるアンケートの中でも、「背中のブツブツ(ニキビ)」というのは
”ドレスを着た際に、最も気になる部分”として、常に挙がるものです。

しかしながら「背中だけ痩せる」という目的に比べれば、はるかに簡単なことでもあります。

「エステ」に通うことで、改善することは間違いありません。

  • 「脂肪吸引」と比べた際のハードル
  • 結果が背中に反映するレベルのダイエット

これらに比べれば、はるかに楽です。

しかしながら、「お金」といった問題もあり
そうだけど、そうじゃなくて・・・という方も多いと思うので
ここでは花嫁に多く利用されている、人気のアイテムを紹介しておきます。

花嫁にこそおすすめの「ジュエルレイン」

結婚式を控えた女性に関わらず、利用者が非常に多いメガヒットアイテムであり
背中の露出が多くなる花嫁にこそ、ぴったりのアイテムと言えます。



数あるスキンケアアイテムの中でも、「背中」をターゲットにした貴重なものであり
「使っている人が多い」ということも、安心感にとっては重要なことと言えます。

ダイエットの趣旨とは、やや異なりますが
「完璧な背中」を作るためには、お肉を減らすことと共に
スキンケアに関しても、無視できない重要な要素と言えます。

>>ジュエルレインの公式サイトを見てみる

当サイトの「花嫁のスキンケア」のコーナーへ