【第十話】結婚式当日を最高の1日にするために大切なこととは

いよいよ、このブログコーナーも最後になります。

しかしながら、少し大げさなことを言うと
結婚式は、全く、人生の最後のシーンではありません。

結婚式は「始まり」なのです。

結婚式当日には、「門出」という言葉を何度も耳にするはずです。

門出というのは、「家」を出て「旅」に出ることらしいです。

別々の家・場所に生まれた2人が、一緒に同じ目的を持って
旅に出ることは、本当に「奇跡」です。

これから2人で「新しい門」を作る日です。

そんな旅立ちの日にできることは、
ありきたりですが、「楽しむ」ことだけです。

必ず、「笑顔」で結べる日にしたいですね。

2021年10月:本番

前日はとにかく何もしない!

結婚式の前日に、そわそわしない人間なんていません。

が、しかし

そわそわしても、何も変わりません。

でも、落ち着くことなんてできないはずです。

そういうものだと思って、過ごしましょう。

忘れ物は?

しっかりチェックしましょう!

といったことは、言うまでもないはずです。

手紙や挨拶のチェックも、入念に行うことでしょう。

でも、「どうせ当日もギリギリまでやる」ものです。

そういうものです。

必ず、準備できるものは「1週間前」に
遅くとも「3日前」には、揃えておきましょう。

とにかく、前日は普段と変わらない1日にすることを心掛けましょう。

とにかく体調を整える

結婚式当日を寝不足で迎える方は、珍しくありません。

緊張して・・・ギリギリまで準備していて・・・

事情は様々ですが、なるべくしっかり寝てください。

結婚式当日に、最も大切なことは、ズバリ「体調」です。

体調がよくなければ、楽しむことはできません。

現実的なアドバイスとして、
結婚式の前夜は、可能な限り結婚式を挙げる式場や
式場が提携している、会場に近いホテルを利用しましょう。

トラブルがあった際や、当日の会場入りにも便利です。

「ご両親と過ごす」ことも、もちろんおススメです。

そして、特に女性に関して「過度なスキンケア」は避けましょう。

「美」の準備に関しても、「2日前がピークだった」くらいで大丈夫です。

どうせ、涙で崩れますよね?

でも、最後は笑顔で。

とにかく「これから」が本番

稀に、というよりも、楽しすぎて、疲れすぎて
結婚式を終えて、燃え尽きてしまう方も多いものです。

しかしながら、繰り返しになりますが
結婚式は「スタート」であり、スタート直後に疲れていたら
この先、何もできません。

ゴールはまだまだ先です。

また、当日も「挙式」「披露宴」だけでなく
「二次会」といった、「その後」の催しがあるカップル
実は、二次会が本番というカップルも珍しくありません。

※参考記事:>>

とにかく当日は、走りぬきましょう。

 

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

末永いお幸せを、お祈りしています。

 

また、

まだまだ準備をはじめたばかり

会場すらも決まっていない

そんなカップルにこそ、読んでいただいたなら嬉しいです。

引き続き、ぜひ当サイトを隅々まで読んでいただき
素晴らしい門出の1日を、作りあげていただければと思います。

 

元プランナーと愉快な仲間たち一同