【第五話】結婚式・披露宴を彩るアイテム・オプション・演出の内容を決める

いよいよここからが「結婚式の準備」らしい準備になります。

結婚式の中で使う「卓上花」や、席の「お名前札」といった
「アイテム」は、それぞれ扱っている業者が異なり
一気に注文するものではなく、1つ1つの業者の接客を受け
様々な種類・グレードの中なか決めていくことになります。

また特別な「オプション」と「演出」には、別の専門業者が関わることになります。

もちろん、それぞれ「お金」がかかるものであり
何より<話を聞いて・話し合って>という過程は非常に疲れるものであり
意見がぶつかってしまたり、なかなか妥協できずに長引いてしまったりと
最も大変な過程の始まりでもあります。

しかしそういったことも、しっかり楽しんでいきましょう!

2021年5月:内容を考えていく(結婚式の5カ月前)


参加者は「自分達だけ」ではない

このサイトでは、何度も繰り返しいますが「ゲストあっての結婚式」です。

何よりも「ゲスト」のことを考えた準備を心がけましょう。

「ゲストのためって何だろう?」と、考えると意外と難しいものですが
「最終的に気持ちよく帰ってもらう」ということが大切です。

そして、1人もないがしろにしてはいけません。

※参考記事:ゲストに喜ばれる結婚式を作る方法

自分達よりも、むしろゲストの方にとって
素晴らしい1日になることが、結果的に自分達にとっても
いい思い出になることは、間違いないはずです。

しっかりと担当プランナーと相談する

各オプション・アイテムの業者との打ち合わせは
非常に時間がかかることも多く、ウンザリすることもあるかも知れません・・・

「どうしても決められない」

「もうちょっと何とか(お得に)ならないか・・・」

そういった場合には、自分達だけでなく
担当のプランナーにも、必ず相談しましょう。

「何とか」してくれるかも?しれません。(特に金銭面にも期待できるかも??)

その際の注意点・秘訣として
「担当プランナー」とは言いますが「専属」ではなく
挙式日の近い自分達以外のカップルも「並行して」担当していることがほとんどです。

そのため「自分達のことだけ考えて!」というのは、無理な話でもあります。

そんな時に「贔屓(ひいき)」してもらうためにも
しっかりと、信頼関係を築いておきましょう。

プランナーも人間であり、各カップルに対する
態度は、違いが出てしまうことも多いです。

「嫌なお客さん」よりも「いいお客さん」を優遇するのは
当然のことであり、非常によくある話なのです。

普段、自分達が働いていてもそうですよね?

特にサービス業の方などは、理解されるはずだと思います。

そういった場合に「特別扱い」してもらえるような
「いい関係」を築いておくことも、結婚式を成功させる秘訣の1つでもあります。

そして、順番は前後するかもしれませんが
この頃から徐々に「ドレス」「ブーケ」といったに
「当日の自分の姿」をこうせうする要素に関しても
徐々に検討していくことになります。

もっと早く、先に決めてるんじゃないの?と思っている方も
多いかもしれませんが「早すぎてはいけない」理由があるのです・・・

 

結婚式まで、あと5カ月・・・

NEXT>>いよいよお待ちかねの「衣装合わせ」