【第二話】入籍した後に決める結婚式のタイミングと場所

「結婚式を挙げる!」となった後、次に決めることとしては
「いつ」そして「どこで」挙げるか、ということです。

もちろん、2人で決めるべきことではありますが
「ゲスト」の都合・嗜好も関わってくることであり
必ずしも「2人だけの希望」で決められることではありません。

特に「日取り」に関しては「大安」や「仏滅」といった
「六曜」の要素を気にされる方もおり、現代でも考慮すべきことが多いです。

また「招待状」を送るのは、挙式日の「2~3か月前」が
適切だと思われますが、それよりも先に伝えておかなければ
ならい人もおり、そういった「最優先」の都合も考慮します。

とは言っても、

まだ先のことであり、日時と式場ではやはり
式場を先に決めて、「空いている枠」があるのかどうかを知る必要があります。

どちらかと言うと、時期はざっくりよ決めておき
<会場選び>を優先するカップルが多いです。

2021年1月:式場選び(結婚式の9カ月前)

一番大切な「式場選び」はとにかく慎重に




日本は「結婚式」を挙げることができる施設が
非常に多いことが特徴であり、常に増え続けています。

最近では「えっ?そんなところでも?」といった施設でも
ブライダルサービスを提供しており、固定概念に捕らわれず選んでみましょう。

この会場選びは、最も楽しく・盛り上がる時期です。

これから準備が大変になってくる前に、また少しでも準備の負担を減らすためにも
会場選びは、くれぐれも慎重に行いましょう。

「式場選び」は、結婚式の半分以上の要素を決定してしまうものなのです。

とりあえず「ブライダルフェア」もしくは「会場見学」

会場を選ぶ際の手段として、またモチベーションを上げるためにも
まずは「ブライダルフェア」もしくは「会場見学」に参加します。

この参加方法に関しても、

  • 代理店・仲介サービスを通して会場で挙げる
  • プロデュース会社で挙げる

どちらかによって、少し変わってきます。

結婚式の仲介会社って?

いくつか候補会場を挙げておく

会場の候補を選ぶ際に、候補が1つだけしかないのは危険であり
どうしても「いいところだけ」を探しがちです。

いくつか候補を挙げておき、必ず「比較」をしてから最終的な決定を下しましょう。

特に1~2月、7~8月は結婚式の閑散期でもあり
積極的に「ブライダルフェア」を行っている会場が多いです。

「ブライダルフェア」とは

>>ブライダルフェア・会場見学のネット予約はこちらから

また「会場見学」に関しては、事前に予約しておくことで
「いつでも」対応していくれる会場が増えています。

 

予算が・・・というカップルは

「格安結婚式」という選択肢も

 

後で意見が合わない、等といったことがないよう
各会場とも「基本的には2人で」訪れましょう。

好きな会場が「自分達のタイミング」に空いているか?

会場を決定する際には、必ず
「希望日に空いている枠があるか」を確認しましょう。

まだ希望日を決めていないという場合であっても

「どの日が開いているか」をチェックしておきましょう。

基本的には「土曜日・日曜日」のどちらかで
挙げるはずであり、曜日に関しては
そのどちらかの日に集中することになります。

「○月に挙げたいけど、全部埋まっている」
ということも考えられ、ピンポイントの日取りが
決まっている場合は、空いていないことも考えられます。

空いている日から選ぶことも

「どうしてもこの会場で!」という場合や
「会場が空いている日」で、日取りを考えるといった場合も
どの日がいいかな?とある程度考えておきましょう。

いずれは、決めなければならないことであり
「空いていたから」ということも「きっかけ」になり
また一歩、本格的な準備に近づくことになります。

元プランナーが選ぶおすすめ会場ランキング

 

結婚式まで、あと9ヶ月・・・

NEXT>>式場をお得に予約する