”ふつう”のカップルの”一般的な”結婚式場の探し方と”年齢別”に見た結婚式場選びの傾向

結婚式を成功させるためには、まずは準備の最初の一歩である
<結婚式場選び>が最も重要であることは、当サイトでは繰り返し解説しています。

が、しかし、

”なんとなく”決めてしまうカップルも、未だに多く・・・

が、しかし、

場合によっては、”それでいい”と思えることがたくさんあることも事実です。

と言うのも、

結婚式場を選ぶうえでは、「直感」という要素も重要であり
細かい部分まで突っ込んで調査したり、理想に完璧にマッチした式場を探そうとしても
なかなか見つからないことになり、時間ばかりが過ぎていくことになります。

そもそも”万人にとって完璧な式場”があるとすれば、みんなが殺到するはずです。

大切なことは、自分達にとって”都合のいい”式場を選ぶことなのです。

今回はあまり難しいことではなく、”結婚式場のフツーの選び方”を紹介したいと思います。

一番大切なことは最も単純なことでもある

”なんとなく決めている”とは言っても、実際には「前提」があります。

それは、「式場」と「自宅」との距離です。

これは当たり前の要素、前提中の前提と言える要素です。

一番単純な要素でもあります。

首都圏であれば、埼玉・千葉在住のカップルが
東京・神奈川の結婚式場を選ぶこと、また逆も珍しくはありません。

しかしながら、

北海道在住のカップルが京都の式場で挙げたり

福岡在住のカップルが、静岡で挙げること(逆も然り)

こういったケースは、「どちらかの実家がある」という場合を除き非常に稀になります。

いくら、”理想に近いかも♪”という結婚式場があったとしても
片道2時間以上の会場であれば、少し考えた方がいいです。

というよりも、選んではいけません。

「通いやすさ」という点、は決して小さな要素ではなく
準備を進めるうえで、非常に重要な意味を持っています。

これから何度も「打ち合わせ」に通うことになるためです。

何より、ゲストの方も”来るのが大変になる”ことは簡単に予想できます。

まずは

「家からそれほど遠くない」

これが第一条件になります。

今までは気づかなかった情報がどんどん入って来る

そうすると、会場数が大分絞れる

と、思いきや、

家から近い会場というのも、意外と多いものです。

日本は、結婚式場が特別に多い国でもあります。

結婚式を挙げることになるまで知らなかった・気づかなかった結婚式場が

「あそこにもある」

「あそこでもできる」

「こっちもけっこういいかも!!!」

と、どんどん視界に入ってくるはずです。

そして、それらを知るための手段も非常に多いものになります。

結婚式を挙げることになったとたんに、電車・バス内の結婚式場の広告が目に付き
また定番の「ゼクシィ」を手にとることで、一気に情報が増えてくることになります。

まずは直感を大切にしてもいいですし、本来であればしっかりと自分達の理想を明確にしてから
その「答え合わせ」をするために、めぼしを付けた会場に訪れることになります。

「ゼクシィ」を使ってブライダルフェア・会場見学のをするための簡単予約方法

”専門家にアドバイスをもらう”ことが一般的な時代に

しかしながら、結局どれがいいのか見当がつかない
よさそうな会場が多すぎて困っている、といった場合には
「プロ」に相談し、アドバイスをもらうこともおすすめの方法になります。

最近では、「ゼクシィ」以外の代理店・仲介サービスも増えてきており
更に、式の内容まで一緒に考えてくれる「プロデュース会社」に相談し
式場決定・準備までを楽にする、という手段も一般的になってきています。

そして、そういった会社を利用することで
結果的に、費用面に関してお得になることも多いです。

総合仲介サービス

「マイナビウェディング」についての詳しい解説はこちら

「Hanayume- ハナユメ-」についての詳しい解説はこちら

まずは”近く”の候補を”いくつか”挙げてみる

とにもかくにも、

まずは”家から近い”ことを条件に、<いくつか候補を挙げる>ことから始めてみましょう。

この候補選こそ、”本当になんとなく”で大丈夫です。

「ちょっと違うな」と思ったら、また別の会場を探せばいいだけなのです。

そしてこの候補は多ければ多いほど、いいものになりますが
会場見学の時間等を考慮した場合に、3~5会場を挙げてみましょう。

もっと多くてもいいですが、最低3か所は回ってみて<比較>をしましょう。

その際「最初に見た式場」は、「よく見える」か「悪く見える」という極端な傾向があるため
見学後にネット等でもう一度調べてみる、という過程を必ず実行しましょう。

結婚式場を選びきれない!~「決め手」になるポイントと「やめた方がいい結婚式場」とは~

基本的には”年齢に比例して落ち着いてくる”ものだけど・・・

晩婚化が進む現代では、40代同士のカップルというのは全く珍しくなく
どちらか・両方が50代、というカップルも少なくはありません。

”挙げる”か”挙げないか”という点では、むしろ20代に比べれば
30代半ばくらいの年代の方が、”挙げる方向で”と考えるカップルが多いと言えます。

それは同世代のカップルの傾向として、「結婚式は挙げるもの」と考えており
非常に”自然な感覚で夢見てきた世代”ということが、大きな理由と考えられます。

そのため、内容が「派手」な傾向があるのは
20代の若年層に比べれば、実はむしろ30代の方が多いと言えます。

そして、結婚式の内容を大きく左右するものこそ、”どこで挙げるのか”という要素であり
年齢・嗜好によって、結婚式場の選び方に違いが見られることもあります。

とは言っても、

全体的な傾向を考えれば、一般的なイメージとそれほど差がないものであり
基本的には、年齢層が高くなるにつれて内容は落ち着いてきます。

いわゆる「スタンダードな結婚式」を、作り上げたいカップルが増えてきます。

一方で「どの年齢から」という点では、従来とは少し差が出てきており
30代前半カップルであれば、「まだまだ全然はじけてます!」という方も多いです。

つまり「結婚式における若年層」という年齢が、高齢化している時代と言えます。

「20代~30代半ば」であれば、専門式場・ゲストハウスといった形式の会場を含め
幅広く・万遍なく、カップルごとに嗜好がばらけています。

しかしながら、「30代後半」をおおよその起点として

  • ホテル
  • レストラン

といった、「落ち着ける傾向のある会場」を選ぶカップルが増えてきます。

「ホテル」でスタンダードに

落ち着いた雰囲気で挙げる結婚式と言えば
やはり、今も昔も「ホテルウェディング」になります。

30代半ば以降であれば、ご両親もホテルで挙げたというカップルも多く
またゲストの平均年齢も高くなることから、より高いサービスを期待し
「ホテル以外の選択肢は考えていない」というカップルも珍しくありません。

「レストラン」でアットホームに

「レストランウェディング」というと、
低価格を求めて選択するカップルも多い形式になりますが
その理由としては「設備・オプション」が揃っていない、ということが挙げられます。

しかしながら、最初から「派手に挙げるつもりはない」というカップル
更に「料理の質を優先したい」というカップルからしてみれば、
”価格を抑えられて、希望を叶えることができる”理想のコンセプトでもあります。

むしろ、「他の会場よりも高いレストラン(料理の質が抜群に高い)」を
選ぶカップルも珍しくなく、何より「ただ食卓を囲むだけ」という
まさに「アットホームの極み」とも言える形を、理想とするカップルも増えています。

年齢は全く気にしなくていいよ!

やはり、年齢が上がっていくにつれて

「もうはしゃぐ年でもないし・・・」

というカップルが、増える傾向があることは事実です。

しかしながら、年代別・同年代関わらず、全く異なる嗜好の結婚式も見られ
「年齢なんて関係ない!」と言える、はじけた熟年カップルも多いと言えます。

逆に、非常に「スタンダードなものを求める若年層」も目立ち
”イメージと逆転している”という現象も、珍しくはありません。

要は、”それほど周りを気にしなくてもいい時代”ということなのです。

ぜひ、「お好きな会場」で。



花嫁におすすめの2大シェイプアップアイテム