結婚式に向けたダイエットにおすすめの食材・メニュー

ダイエットを始める際に、まず実践することになるはずあり・・・

と言うよりも、

減量にとって避けては通れない、「食事制限」の際に
必ず制限することになるものとして、やはり「炭水化物」が挙げられます。

そして、日本人にとって炭水化物と言えば「ご飯」になるはずです。

「米」は日本人の心でもあり、たとえ女性であっても
すぐに「ご飯が欲しくなる」という感覚を、持っている方は多いと思います。

塩水化物は、エネルギーとして使用されなかった分(余った分)は
「中性脂肪」として、体内に蓄えられることになります。

「主食」として食べられている炭水化物は、
実は脂肪よりも、はるかに太るリスクとなるものなのです。

しかしながら、ご飯の誘惑は、抗うことが難しいものです。

ダイエット・減量を実践する際には

この「ご飯」の代わりに、何を食べるのか

いかにご飯を我慢するのかが、非常に大きな課題になります。

これははるか昔から続く、永遠の課題とも言えるものです。

米よりもカロリーが低く同じくらい満腹感を得られる食材とは

体重を落とすことを考える際には、「摂取エネルギー」を抑え
体内の中性脂肪を、燃焼させることが重要なことになります。

「新たにエネルギーを摂取する」のではなく、

「過去に摂取したエネルギーを燃やす」ことで、

中性脂肪が分解され、痩せていくことになります。

花嫁ダイエットにおすすめの燃焼サプリについての詳しい解説

そのため新たなエネルギー(カロリー)は、ご飯より低くなければなりません。

これ自体は当たり前のこととして、理解されていると思います。

だからこそ、それ以外の部分で「ご飯感」を出す食材が求められます。


<食べた感>を得られる食材であることも必要

ご飯の代わりになるということは、「満足感」と共に
口に含んだ際の、「もそもそ感」や「パサパサ感」が欲しいものです。

最近では、「こんにゃくで作った〇〇」といったアイテムが販売され
ヒット商品となっているようですが、ご飯感を求める際には除外しなければなりません。

また「こんにゃく米」と呼ばれる、お米とこんにゃくをお粥状にした食品もああり
よりご飯感が、失われているという意見もあります。

そう考えた際に、最も近いものとして「炒り豆腐」
ご飯に最も近い存在なのではないか、と話題になっているようです。

ご飯の代わりに、豆腐を食べること自体は
炭水化物制限ダイエットの手段として、以前から実践されていました。

しかし<炒る>ことによって、更にご飯感が増すことが注目されています。

水分が抜ける・焦げ目が付くことで、更にもそもそ・パサパサ感が増幅されます。

「ごま油」で炒めることで風味が付くとされますが、余計な脂肪分が増えてしまうため
当サイトでは「レンジ」を利用して、よりヘルシーで手軽な食べ方を提案します。

花嫁ダイエットの主食は「豆腐ご飯」で決まり!

作り方は、非常に単純になります。

「木綿豆腐」を、潰した後にレンジでチンする

基本は、これだけです。

加えて<ラップをかけない>ことで、より水分の蒸発を招きご飯感が増すことになります。

その際破裂しないように注意する必要があり、「低いワット数で長い時間」を守りましょう。

またアレンジとして、「卵」を混ぜることで
より満腹感を得ることができ、味のバリエーションも付けやすくなるはずです。

更に「ふりかけ」をかけたりしてみることで、より<ごまかし>が効くことになります。

「豆腐ご飯」が女性に大しておすすめであるもう1つの理由

この豆腐ご飯をおすすめする理由として、「植物性エストロゲン」である
「大豆イソフラボン」の摂取をすることができるメニューであることが挙げられます。

減量は、女性ホルモンのバランスを乱す大きな要因になります。

そのリスクを少しでも下げるためにも、大豆食品を摂取しておくことが望ましいのです。

<もっと満足感を得ながら痩せたい>のであれば、当サイトでも紹介している
「スムージー」等の、ダイエットドリンクを併用することをおススメします。

豆腐ご飯とダイエットドリンクの、最強の組み合わせをぜひ試してみてください。






花嫁におすすめの2大シェイプアップアイテム