結婚式の準備期間の長さはどのくらいが適切?~式場と日取りを決めるタイミングはいつごろがいいの?~

結婚式における「準備期間」に関して、心配しているカップルの方々は多く
そのほとんどが「どのくらいの時間があれば間に合うのか」ということだと思います。

長ければ長いほど良いという訳ではありませんが、短いよりは長い方がいいものです。

結婚式だけでなく、何にしても時間が合ったほうが
考える時間や準備する時間、そして何より”余裕”が生まれます。

まず最初に、

「一般的な式」を考えた際には、「10~8か月前」の間に決めておくべきと言えます。

結婚式の準備は、基本的に”半年は短い”と考えましょう。

また、万が一”式場を変える”という事態になった場合には
早いほど「キャンセル料」のリスクが少なく、また「選びなおし」ということになるため
その期間も考慮した際には、やはり”10か月前には”と考えるなのべきです。

もちろん、1年以上前から式場を決めてしまっているカップルも珍しくなく
実際には、10か月前には決まっていることの方が多いと言えます。

結婚式の準備は”短くても大丈夫”な時代になった

以上は、あくまで「従来の結婚式」を想定した場合です。

最近の結婚式は準備期間が短い傾向があり、その理由はやはり<効率化>にあります。

長く続く結婚式の文化も年月を経て、繰り返すごとに
会場(企業)・カップルともに、負担の少ないシステムを確立してきました。

”準備期間が短くてすむ”というのは、カップルが集まる1つの特徴ともなっています。

最近では「直近割」と呼ばれる、結婚式までの期間が短いことで
よりリーズナブルになるプランが、「格安ウェディング」を中心に浸透してきています。

「授かり婚」や「海外赴任」といった、時間的のリミットを抱えるカップルに好評です。

「準備期間が短くても大丈夫!」ということを売りにした仲介サービスも増えており
短時間で効率よく準備することができることから、利用者も増えているようです。

それに伴って「総額」も減少傾向にあり、結婚式は決して特別なものではなく
手軽なイベントとして、準備できる日が近づいてきているのかなという気もします。

もちろん、「できるだけ早く始める」ということは失敗しない準備”の秘訣です。

そのためにも、早めの会場選択・打ち合わせを行えるように心がけましょう。

「想像」し始めるのはいつでもいい

そもそも、結婚式の想像(妄想)を始めるのはいつでもかまわないことです。

特に女性に関しては、「絶対ここで挙げる!」といった強い意志や
「こんな雰囲気がいいな~」という思いは、常に持っている方も珍しくありません。

いざ「この人と!」となった際に、すぐに候補を挙げることができることは
あらゆる点で、非常にメリットの多いことと言えます。

そしてこの<早い決定>」というのは、「準備期間の余裕」という点に加えて

  • 価格
  • 選択肢

以上の、2つの点においても大きなメリットといえます。

格安ウェディングが、リーズナブルに挙げることができる理由として
<枠を制限している>ということが挙げられます。

格安ウェディングで選択できる会場の数・選択肢というのは、
近年急激に増加していますが、そこではもちろん一般的な結婚式も挙げられており
「埋まらなそうな日・時間」を、ゆずってもらっていることで低価格を実現しています。

一方で、やはり「数が限られる」というデメリットが存在するため
特に人気の式場は、すぐに埋まってしまうことが顕著です。

上記した「直近割」というのも、「空いている会場」から選ぶため
価格をリーズナブルに抑えることができる、という事情があります。

「多くの選択肢」から<安く選ぶ>ためには、
早めに「ここにします!」と「言うための準備」が必要であり
そのためには、「会場見学」を早めに済ませておきましょう。

準備の期間は”ほどほど”にしておくべき

実際には、結婚式の準備は”スムーズにいけば”半年ほどで間に合います。

最初の頃は、月に2回程度プランナーと打ち合わせ

最後の1ヶ月は、週に1度やり取り

最後の1週間は、ほぼ毎日なにかしら・・・というペースが一般的なのかなと思います。

メール等で行うことも多く、会場や会社まで出向く機会は
思っていたよりも、少なくて済むことが現実です。

しかし昨今では、この準備期間に関して「長めのカップル」と
「短めのカップル」とで、二極化している傾向が見られるようになりました。

長いカップルは、1年以上前から準備をし始めることもあり
油断をしなければ、かなりゆったり進めることができます。

問題は、準備期間が短いカップルが間に合わせることができるのか、ということです。

スムーズであれば、「6ヶ月」程度で間に合う準備も
理想としては、やはり8~10ヶ月前には準備を始めたいところです。

しかし、最近は準備期間が半年以下のカップルが多く
非常にドタバタしてしまうケースが目立ちます。

当初は挙げる予定がなくても、

「やっぱりやりたい」というカップルや

「まー間に合うかな」というカップル等

事情は様々ですが、時間が限られているとなることで
短時間でやること・確認することが多くなり、効率的にこなさなければ難しいものです。

また授かり婚(できちゃった結婚)もの場合には、ただでさえ準備期間が短い上に
体調不良が重なるなど、思うように打ち合わせの機会を設けられないことも多いです。

基本的には「挙式日」から逆算して考える

「いつ結婚式を挙げようか?」という、挙式・披露宴を行うタイミングに関しては
自分達の都合だけでなく、様々な角度から考慮する必要があります。

当然のことながら、<入籍>を済ませていたとしても
いつでもできるイベントではないのです。

  • 自分が働いている業界・会社の繁忙期は避けよう
  • 「転職」等が影響する際には、その後にしよう
  • 熱い・寒い時期は嫌だから、春か秋にしよう

・・・様々な”思惑”が、タイミングに影響を与えることになります。

何より「準備期間」の余裕を考えて、「何か月後」かの「その日」を考える必要があります。

理想的な日取りが見つかっても、それが1か月後等の場合には現実的ではありません。

おめでた婚で、且つ”生まれる前に”と考えた際には
「限定」された中で、式を挙げる日を考えていく必要があります。

更に「大安」といった、「六曜」等に関しても重要視する場合には
「全てばっちりの日」を見つけることは、より困難なものとなるはずです。

一方で、昨今では「お得になる日」といったタイミングを重要視している傾向も見られ
実際に「お得になる日」に挙げることは、ぜひおすすめしたい鉄板の節約方法と言えます。

”自分達にとって”お得なプランを検討してみよう

今や常識的なことでもありますが、結婚式には式場ごとに”プラン”が存在します。

そして、そのプラン内容にマッチした内容で挙げることで
「割引」や「キャンペーン」が適用されるというものです。

  • 少人数プラン(ゲストの合計が10人未満・30人未満のケース)
  • スピード婚(おめでた婚・海外転勤等による準備期間が短いケース)

また最も単純な例では、「平日」に挙げることで
かなりの割引をしてくれる式場というのは、昔から多いものです。

それは、「土日に挙げることが一般的」という事情から
会場の稼働率が少ない日にも挙げて欲しい、というビジネス的な観点です。

サービス業に従事するカップルであれば、「平日」に挙げることも珍しくなく
むしろ「平日じゃないと」ということも多いため、”逆に好都合”のプランと言えます。

また、現在では「少人数」や「短期間」以外にも

  • 季節(一般的に好まれる・敬遠される時期)
  • 日取り(一般的に好まれる・敬遠される日)

といった定番のものから、

  • 予約カップル数(ピンポイントで結婚式を挙げるカップルが少ない)
  • 希望(進行)内容(演出オプションの程度)

といった、細かい計算を入れたものまで様々なものが存在します。

また、昔から「早く決めてくれれば割引」というものは実際に存在し
これはブライダル業界だけでなく、様々な業界にあるものと言えます。
(言うまでもなく「今決めてくれれば、安くしますよ!」というやつです・・・)

これも言うまでもなく、「一瞬の判断」ではなく考えて決めましょう。
(疑うこと・信じることの両方が大切です・・・)

「人気の日」は避けた方がいいかも

お得な情報を見つけるためには、発想の転換も必要です。

「どうすれば(いつ挙げれば)お得になるのか?」

ではなく

「割引が絶対にない・割引率が低い日はいつか?」と考えることも大切です。

  • バレンタインデー
  • クリスマス
  • 11月22日(いいふーふの日)

特にクリスマスは、その前の週の土日はカップルが殺到し
24日・25日がピンポイントの場合は、それはもう大変な競争率です。

こういった超特別な日は、希望カップルを「絞る」ために
特別に高い設定とする会場も、珍しいことではありません。

高くしても、「絶対にこの日に挙げる!」というカップルはたくさんいます。
(逆にクリスマス後は、年末ということで一気に割引が適用されることも)

こういった日を、<絶対に狙う>場合には

  • 早く探し始める
  • 早く予約を入れる

といったことが、有利になります。

焦りは禁物ですが、早い判断も重要と言えるのです。

ただし「忙しい日」というのは、あまりおすすめできません。

会場内の人が多く、どうしてもサービスの質は落ちます。

「人気のない日」というのは、実は「サービスの質が高い日」でもあるのです。






花嫁におすすめの2大シェイプアップアイテム