結婚式場選びで失敗しないための注意点~式場見学でチェックするべきポイント~

結婚式を「いい思い出」で終えたカップル

「不満」が残ってしまって「後悔」しているカップル

その両方のカップルが存在することが事実です。

この満足度とは、カップルごとに「基準」が異なるものであり
結局は「結婚式に何を期待するのか」ということになります。

更に「一般的に期待することが実現できるか」ということも含まれ、
それら全ての”ベース”となるものが、「その結婚式場が持っている能力」になります。

当サイトでは、

「式場選びが結婚式のできを左右する」

ということを、しつこいほど申し上げてきています。

「式場を決めた時点で、結婚式の半分以上の要素が決まってしまう」

と考えるべきであり、実際に”その結婚式場ができること”しか現実にはできないものです。

そのため、とにかく最初の式場選びで失敗しないことが重要になります。

前提として、「ブライダルサービス」を提供している会場というのは
とりあえずは、一定の条件を満たしいることがほとんどです。

もし、いいかげんなサービスを提供していれば
あっという間にネットで拡散されてしまう時代であり、
より一層、サービスの向上に努めていることが現実です。

そのため、想像できる限りの「結婚式当日の雰囲気」や
「スタッフの質」といったものを、”最初から”しっかりとチェックすることが必要なのです。

「特に優先したいこと」を言葉で表せるようにしておく

残念ながら・・・

「求めている条件を細かい部分まで全て満たす式場」というのは、存在しません。

そのため、「最優先事項(とくにこだわりたい要素)」を明確にしておくことが大切です。

式場を検討していて、ブライダルフェア等で相談する場合
プランナーをはじめとした、その結婚式場のスタッフは
自分達の会場の、「いいところ(メリット)」を中心に解説します。

しかしながら、その内容というのは”ありきたりなもの”がほとんどです。

「その先」を、つっこんで聞くことが大切なのです。

式場のスタッフと話し合う際に、しっかりと要求を伝えることができるよう
「自分達が理想とする結婚式像」を、簡単に且つ具体的にまとめておきましょう。

  • 自分達がやりたい「演出」や「オプション」ができるのか
  • 当日の進行は、何にどのくらいの時間を割くことができるのか
  • どこでどんな写真を撮ることができるのか

これらは、式場を”決めた後”に説明されることもあります。

しかしながら、「決める前にあう程度把握しておく」ことが大切なのです。

その際に、説明してくれるスタッフの”誠意”も見どころの1つです。

また、2人とも忙しく「準備の手間が少ない」ことや
「できるだけ早く挙げたい」といった、準備段階での要望も大切なことになります。

そして、何より忘れてはならないことが「ゲストへのおもてなし」であり
「待合室」でのサービス内容といったことも、ずばり聞いておきましょう。

とにかくたくさんの会場を見てみる

結婚式に限らず、ものやサービスを選ぶ際には「選択肢」が多いことも大切です。

「そこしかない」という場合、どうすることもできません。

しかしながらこと式場選びにおいて、この現象が非常に起きやすくなるのです。

特に女性側の「この会場がいい!」という思いが強すぎると
他の会場を検討せずに決めてしまい、「実は相性が悪かった」ということも珍しくありません。

「1つの会場だけ見て決める」ということは、絶対にNGです。

できるだけ多く仲介サービスに話を聞き、可能な限り様々な違った会場を見てみましょう。

また、もし「相談」をした後に断ることが後ろめたいという場合は
気軽に参加できる「フェア」に顔を出してみましょう。

「軽く」話を聞くことができる「相談会」等もあります。

ブライダルフェアは、タイミングによって規模の違いはありますが
どの会場も頻繁に行っており、申し込みだけで気軽に参加することができます。

時間があるうちに、どんどん参加しておきましょう。

「自分達の結婚式の舞台」に期待するのはどんなこと?

ブライダルのサービスを提供している会場というのは、
結婚式を実施するための、「最低限の設備」が整えられています。

しかしながら、その「内部事情」や「提供サービスの質」というものは
各会場とで、それぞれに大きく違いがあります。

よいものであれば、「特徴」という言い方ができますが
場合によっては、「欠点」となってしまう場合もあります。

特に「設備」や「ノウハウ」という点で言えば
「神社でキリスト式の結婚式を挙げることができない」ように
「絶対にできないこと」もあれば、そこまでいかないまでも
その式場の設備の事情によって、「どうしでも難しい」という場合もあります。

「やりたいことができる」

「求めているサービスがある」

これらは「その結婚式場そのものの設備」によって、左右されてしまうのです。

「理想」と「現実」を埋める”コスパ”が重要になる

そして、そういった「希望」が叶えられるかだけでなく
また叶えるためのコストとして考えることもできる
「結婚費用」もまた、満足度の大きなカギを握っています。

というよりも

  • 高かったのに、満足できなかった
  • 安かったけど、大満足だった

この2つは両極端であり、いわゆる「コストパフォーマンス」
よかった・悪かったことは、満足感の大きな割合を占めています。

何事においても、費用と内容は基本的に比例するものですが
自分達が期待している内容と、”実際の内容”との兼ね合いである”コスパ”という考え方は
総額が大きなものとなる結婚式では、特に重要なものとなります。

「損した!」と思わないためには、最も現実的な要素と言えます。

式場選びを失敗しないための指標としても、非常に大切なことであり
結局は「理想とのギャップ」が、失敗したと感じる最も大きな要素になるはずです。

  • 高くても悪い会場
  • 安くても満足度の高い会場

現実には、その両方が存在します。

少し前の時代であれば、

  • やはり高い会場は質が高い
  • 安かろう悪かろう

という、単純なことが多かったのですが
現在では、結婚式を挙げるための「仕組み」が変わってきており
大幅な割引を受けられるケース、ある意味で「損」をしてしまうケース
その両方が存在し、「入口」によって総額が変わってきています。

”お得”というのは、何にしても嬉しいものです。

少しでも満足度を高めるためには、やはり可能な限り費用を抑えることも大切になります。

【口コミで大評判】コスパの高い結婚式を挙げるなら「ハナユメ-Hanayume-」がおすすめ【定額・会費制!後払い可!】

会場を見学する際に本当にチェックするべきポイント

式場選びの際のチェックポイントは様々であり、
人によっても、”気になるところ”は異なるものでもあります。

綺麗好きな人は、会場がしっかりと掃除・整頓されているかどうか?

備品やインテリアに興味がある人は、統一感があるか・違和感はないか?

サービス業に従事する方は、過不足のない人員配置や
スタッフのサービスの質に関して、意識してチェックすることと思います。

結婚式場を選ぶ際には、必ず会場見学もしくはブライダルフェアに訪れるはずですが
一度だけの訪問では、なかなかその会場の傾向・癖を掴むのは難しいはずです。

ここでは、「短い時間でどこを見るべきか?」ということを
内部で働いている経験、また実際に従業員に聞いたことから
「本当にチェックすべきポイント」を、こっそりと紹介しようと思います。

「ここがいいかも?」と思った会場を訪れる際、チェックすべき主なポイントとしては

  • そもそも自分達の好みか
  • パンフレット・広告と大きなギャップはないか
  • 清潔感は保たれているか
  • 設備の質は申し分ないか(古いものが目立つ場所に出ていないか)
  • 導線(会場についてから式場までのアクセス)は分かりやすいか
  • 相応しくないものが見えていないか(掃除用具・スタッフの私物)

その他に、「試食会」といったものがあれば
料理の味はもとより、「量」といったものも注意点です。

そして、これらは”当たり前”のことでもあります。

「結婚式には関係なさそうな部分」こそチェックすべし

そもそも、お客さんになるかもしれない人(結婚予定のカップル)が
会場に見学に訪れる際に、「とりつくろう」のは当然のことです。

社会人として働いている方であれば、誰でも経験のあることだと思います。

ブライダルフェア仕様・受注仕様になっています。

つまり、「普段より割り増しな状態」なのです。

一方で、実際の結婚式の質には「波」があります。

そして、その波を作るっているのは「スタッフ」であり
ウェディングプランナーだけでなく、その他大勢のスタッフも含まれます。

サービスを提供するのは、「人」なのです。

その1人1人を、会場見学で見極めるのは不可能なことですが
あえて「とりつくろっている」人達(表に出る案内係等)等でなく
その他の「一見関係なさそうな」人達の質が、その会場を現しています。

ホテルであれば「ドアマン」や「タクシー」、レストラン会場であれば「キャッシャー」等
また最近では、専門式場に「カフェ」が併設されていることも多く
そういった場所で働いている人達のサービスの質が「結婚式」に反映されます。

また、これらはスタッフに言えることだけでなく
結婚式を行う場所以外の、その他の施設の要素にも気を配りましょう。

ラウンジの備品や、クローク(荷物・コートを預ける場所)といった
当日の新郎新婦には見えない部分も、ゲストの方達にとっては重要な要素になります。

しっかりと「ゲスト目線」で見ておく

第一希望の会場や、ずっと憧れだった会場を訪れる際には
自分を納得させる・意志を後押しするために、その式場の”いいところ”だけを見てしまいがちです。

「客観性」を失っている状態です。

まずは「自分達がゲストの立場だったら」ということを想像し
ゲストが当日どのような場所を通りどこで時間を潰すのか、想像しながら見学してみましょう。

その際には、やはり「サービス面」というものが気になるものであり
”心地よく過ごせそうだろうか?”という部分に注意が行くはずです。

とは言っても、

あくまで”デート気分で”気軽に参加することも大切であり、
「何となく過ごしていて気になる部分がないか」が最も重要です。

くれぐれも、「嫌な客」にならない程度にお願いします・・・

※以下の記事も参考に

結婚式場を選びきれない!~「決め手」になるポイントと「やめた方がいい結婚式場」とは~






花嫁におすすめの2大シェイプアップアイテム