結婚式直前のムダ毛の処理は「脱毛」と「シェービング」は両方した方がいい?それぞれの適切なタイミングは?

結論から言えば、「脱毛とシェービングの両方を受けるべき」と言えます。

それは最も現実的であり、最も綺麗に処理ができるためです。

”現実的”というのは、どちらかだけでは不十分になってしまうことが多いためです。

”不十分”というのは、どうしても時間的な制約が存在する
結婚式に向けたムダ毛の処理というのは、「完璧」まで仕上げるのが難しいことが理由です。

もし<脱毛だけ>で綺麗な肌を目指すためなら、「1年前後」の時間がかかることになります。

当サイトでも繰り返し解説していますが、脱毛の施術は「育毛サイクル」に合わせて
また肌へのダメージを考慮するため、一定期間をおいた施術の繰り返しによって完成を目指します。

そのため納得のいく仕上がりまでには、個人差がありつつも半年以上はかかります。

もちろん「施術直後」を結婚式に合わせることで、<ほぼつるつる>に見えますが
結婚式直前の時期をであり、準備等の事情から難しいことが多いはずなのです。

とは言っても、

結婚式の準備期間は、式場探しの段階からおよそ1年が平均的であり
「挙げるぞ!」と決めた後に、すぐにサロンに通い始めれば心配ないと言えます。

↓↓スピードを重視するなら「医療脱毛」!!
アリシアクリニック

「完璧」を目指すためには両方受けた方がいい理由

結婚式に向けたムダ毛処理において、最もおすすめの手段は脱毛になりますが
もし結婚式までに施術が間に合ったとしても、やはり「シェービング」も施すべきと言えます。

脱毛のコンセプトは、<体毛を弱らせる>というものであり
「産毛」と呼ばれるレベルには、体毛が残ることになります。

そのため、結婚式当日を<つるつる>で迎えたいのであれば
やはりシェービング(剃毛)によって、とどめを刺すことが必要なのです。

「そこまでしなきゃいけないの?」と大げさに思う方もいるかもしれませんが
実際に、脱毛とシェービングの両方を受ける方は珍しくはありません。

と言うのも、

「セットで受けて、完璧になる」

ということをご存じの方は多いはずです。

シェービングをする際にも、弱っている毛の方が剃りやすいのは当然のことであり
結婚式に関係なく、そもそも脱毛を受ける目的というのは
<日々のムダ毛ケアをしやすくするため>ということが本来のコンセプトでもあります。

また脱毛施術を受けないで臨むにしても、シェービングは必ず施すべきと言えます。

「費用」を考慮して「工夫」をする

しかしながら、両方を受けるのは費用(予算)が・・・という方が多いと思います。

これに関しては、カップル・個人で感覚・程度に違いのあるものであり
花嫁のムダ毛処理を予算に組み込めるのか・・・も、事情が異なるはずです。

そういった場合には、「全身脱毛」ではなく「部分脱毛」にすることもおすすめです。

もともと、それほど体毛が濃くないのであれば
ウェディングドレスを着た際に、<目立つ>部分だけでもいいと思います。

「セット割」といった、部分と部分の組み合わせで
お得になることも一般的であり、絶対に欠かすべきでない「わきの下」に加えて
前腕・背中といった<キモ>となる部分だけでも、処理しておきましょう。

またシェービングに関しても、「結婚式専門」のサロンもありますが
その他にもシェービングをしてくれる施設は、脱毛サロンに比べれば多く
やはり気になる部分を中心に、狭い範囲だけでも完璧を目指すことをおすすめします。

花嫁の「部分脱毛」におすすめの「ミュゼプレミアム」の詳しい解説

ポイントサイト用

基本的に「直前の施術」はするべきではない

ブライダルシェービングは、結婚式のための「短期的」且つ「劇的」
美肌効果をもたらす施術として、非常に多くの花嫁が受けているものであり
脱毛施術比べれば、はるかに多い割合でもあります。

また費用面でもリーズナブルであり、何より手軽であることから
「ムダ毛処理はシェービングでいいや!」と最初から考える女性も多いようです。

しかしながら、専門家による特別な機材を使った施術ではありますが
”剃る”という過程が含まれていることから、「肌へのダメージ」は1つの懸念材料になります。

更に、当日までその肌のダメージを引きずってしまった場合には
”赤くなる”といった、いわゆる「剃刀負け」の症状が出てしまう恐れもあり
こういった、やや特殊な施術を受ける際に心配している方も多いと思われます。

実際に、ブライダルシェービングに関しては
「いつ受けるか」に関する、疑問・悩みが最も多いようです。

結論から述べると、ブライダルシェービングを受けるのは
「3~4日前」が最も相応しく、実際に最も多いようです。

1週間はちょっと前すぎるかな?と思われるため
「4~5日前が限度」とかんがえられます。

ただし「前日」「7日前」の間であれば、それほど変わらないという意見も多く
「自分の体(毛)質」と相談して、焦らず・早まらないことが大切です。

  • 早すぎれば産毛が生える
  • 直前であれば「傷」が心配

ということは、誰もが変わらない心配ごとであり
1つの通過点に過ぎないため、「挙式の3、4前の日に予約しておく」と考えましょう。

また、「3日前がベスト!」という意見を聞き
3日前に予約できなかった・・・と、がっかりしている方も多いかもしれません。

そういった場合には「2日前」よりも「4日前」をおススメします。

肌の回復には、時間がかかる場合もあり
「万が一」を考えれば、時間に余裕を持たせましょう。

当日は絶対にNG!

理解されている方が多いとは思いますが
「当日は絶対にダメ」ということは、今となっては常識です。

また、一般的に考えれば「当日に目立たない」ことを考え
「2~5日前」に施術することは、おおよその検討がつくはずです。

また、専門サロンに関しても「当日」と「前日」は施術しないことを
掲げていることが多く、必ず「警告」されるので心配ないと思われます。

最近では、施術後に

  • ローション
  • 美容液

といった、肌を整える、ダメージを緩和するための
美容施術がセットとなっているサロンが一般的であり
剃刀負けといったものへの、懸念は少なくなってきています。






花嫁におすすめの2大シェイプアップアイテム