海外挙式の後の国内披露宴はどうする?~費用と準備の計画とイマドキの内容~

当サイトでは、主に大多数のカップルが挙げることになる
「国内結婚式」を中心にトピックを発信していますが、現在では「ハワイ」を代表とした
「究極のリゾートウェディング」を望むカップルは、いつの時代もいるはずです。

またハワイでなくとも、本物のカトリック教会(もちろん日本にもありますが)で挙げるために
ヨーロッパを訪れるカップルも、現実にたくさんいらっしゃいます。

その理由としては、渡航(交通)費を含めて非常にお手軽になったこと
「特殊な結婚式」が受け入れられている時代となり、”壁”がなくなったことが言えます。

しかしながら、「基本的には身内(親族)だけ」という内容は相変わらずであり
お互いの知り合いに、紹介・披露する場ではないことは確かでもあります。

そのため、「帰国後」に披露宴をするかどうかに関しても
海外挙式を挙げるうえでは、先に考えておくべきことであり
準備を早く・入念にすることに、こしたことはありません。

”2倍”頑張れば大丈夫

「いわゆる日本の結婚式」とは、「挙式」と「披露宴」で成り立っており
海外挙式を挙げるカップルは「披露宴だけ」を、国内で計画している方々が多いと思います。

実際に最も多いパターンになりますが、最近では国内でも結婚式を挙げるというケースもあり
”挙式も2回”というカップルも、珍しいものではなくなっています。

そういった場合には、どちらも宗教にとらわれない
「人前式」を挙げることが一般的であり、いろいろな意味で最も納得される形式と言えます。

とはいえ、

最もスタンダードな内容は、やはり海外挙式→国内披露宴というものです。

そしていずれにしても、そのための準備というのは
「普通の結婚式」と変わらないものであり
準備する内容が2倍になるため、2倍大変だよ、ということだけです。

”頑張る”しかありません。

海外挙式→国内披露宴の注意点

結婚式の準備における注意点は、挙げればきりがありませんが
こと「途中で海外に行く」という条件があれば
やはり「連絡」という、基礎的なことに注意しましょう。

海外挙式をしてから、国内披露宴を挙げる場合には
帰国後にゼロから披露宴の準備をするカップルは少なく
海外に渡航する前に、ある程度「国内分」も準備を進めておくというケースがほとんどです。

本来であれば「披露宴の準備は万端」という状態にしてから
渡航するべきですが、なかなか”完了”は難しいものです。

特に”帰国直後”に披露宴を計画している場合、
より注意して、「進展状況」等を考慮する必要があります。

まだ国内にいるうちに、プランナー等との打ち合わせを入念に進めましょう。

国内披露宴は「節約」傾向

そして、結婚式を2回挙げるということは
「費用」に関しても、丸々2倍といかないまでも
普通の結婚式だけで澄ますよりは、高くなります。

それ自体は、覚悟してことと思われますが
やはり、できるだけ節約したいと考えていることと思います。

そういった場合には、国内での披露宴・パーティーは
「節約ウェディング」を利用することも、ぜひ検討しましょう。

特に「パーティーっぽいのだけでいい」のであれば、ぜひ取り入れるべきです。

節約ウェディングのコーナーへ

「2回挙げる」ことも珍しくない時代

また、海外挙式以外でも「2回結婚式をする」ということは
それほど珍しいことではなくなってきています。

有名人でも、結婚式を複数回挙げた方もおり
(非常に特殊なケースではありますが・・・)
「結婚式は普通1回」という概念は、薄くなってきています。

「2回はおかしいんじゃないの?」

「みんなどういう名目で挙げてるの?」

と、少し躊躇しがちになるかもしれませんが

例として、

  • 地元で1回
  • 現住所で1回(友人・職場に近い場所)
  • 本当に親しい人とのパーティー

といった、「3回」は違和感なく行うことができます。

「長めのお祭り騒ぎ」程度のものです。

特に「大家族」や「親族が多い」といった場合に
「家族式」と「普通の式」で分けることは、随分前から全く珍しくないものになります。

多くの方にお互いのパートナーを紹介できる機会は、なかなかないことであり
このどうせなら、一気に駆け抜けてしいましょう。

「勢い」は大切です。

【結婚式を2回挙げたい!】今おすすめの会費で開く「1.5次会」の内容と費用【披露宴をパーティーに!】






花嫁におすすめの2大シェイプアップアイテム

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

ウェディングプランナーとしての経験を活かして
「準備の前」から「終わった後」まで、ずっと幸せな気持ちが続くような
最高の結婚式を挙げるための「ちょっとしたコツ」を提供していきます。
現在もブライダルの現場で働き、「最新の結婚式」をレポート中。
このサイトについて