ウェディングドレスが入らない!?「お腹周り」が気になる!!~ドレスを綺麗に着こなす秘訣とは~

結婚式に、花嫁はどんなドレスを着るべきか?

という疑問に関しては、「着たいドレスを着るべし!」ということが
最も大切な、後悔しないための判断に違いありません。

「一目ぼれ」で選んだドレスを、最終的に着ることも珍しくなく
ほとんどの場合、自分が気に入ったドレスを<着こなす>ために
ダイエット・スキンケアといったことを進めていくはずです。

結婚式に着るドレスというのは、

  • ウェディングドレス
  • カラードレス

以上の2つであり、「和装」で挙げる挙式を選択したとしても
どちらかは「お色直し後」に、着ることになるはずです。

和装に関しては、それほど体のラインが見えないものであり
「サイズ」の融通がきくものになります。

しかしながら「ドレス」に関しては、サイズの幅(選択肢)が少なく
「ドレスが入らないから諦める」といった方も珍しくありません。

しかしながら、

「諦めたくない!」

「絶対に来てやる!」

といった、<ドレスのため>にダイエットを決意した方も多いのではないでしょうか?

そもそも、「花嫁ダイエット」を決意する理由というのは

  • 本当に気に入ったドレスを着たい
  • 綺麗に「見える」ように着こなしたい

以上のどちらかがきっかけになっているはずであり
この「ドレス問題」は、結婚式に向けた減量の目的の「本質」でもあります。

「自分に合うドレス」ってどんなドレス?

ウェディングドレスを選ぶ際には、「かわいい!」や「着たい!」といった
「見た目」という要素の他に、<着こなし>という要素が非常に重要なものになります。

いくら値段の高い・ハイセンスなドレスを選ぼうとも
<はまって(似合って)>いなければ、似合っていない印象を受けてしまいます。

そして、ウェディングドレスを着こなすためには
<サイズが合っている>ということが、非常に重要な要素になります。

太っている・痩せているというよりも、<ぴったり>ということが理想であり
実際には、「少し小さめのサイズ」にフィットさせる必要があります。

そしてその結果選んだドレスに、現在の体を理想のサイズに合わせていくことが大切です。

ドレス選びの鍵を握る「バスト」と「ウェスト」

現在のウェディングドレスというのは、
基本的に「肩出し」であり、<胸元(バスト)で止める>仕様です。

そして、「背中」と「ウェスト」を「コルセット」のように
締めることによって、ずり落ちないようにしていきます。

そのため、その部分が

  • そもそも入らない
  • 苦しくて耐えられない

といった場合に、痩せる必要が出てきます。

ただし、選択肢を最初から狭めないためにも

はまりさえすれば何とかなる!

ということを前提に、諦めてはなりません。

まずはとにかく<入る>ようにすることが、最も重要な要素に違いありません。


入った後は「見栄え」をよくしていく

「ウェディングドレスを着こなす」

「美しいウェディングドレス姿」

といった言葉から想像されるイメージとしては、
「肌が見える部分」を、入念にケアする必要があるように思われます。

それはダイエットに関しても同じであり、「二の腕」や「顎」といった
露出部(見えている)となるパーツを、つい意識してしまいがちです。

しかしながら、、、

ドレスを「着ることができた」後に、最も目立つ部分は
実は「お腹周り」であり、それは新たな戦いの始まりでもあります。

お腹は「くっきり」と見えてしまう部分

それは「自分からはよく見えない」という特徴がありながらも
鏡を見れば一目瞭然であり、ウェディングドレスを着た体というのは
お腹の周りは「その形」で、くっきりと浮かび上がることになります。

つまり「三段腹」は<三段腹として>表面に現れることになります。

二の腕や顎のプルプルに匹敵するくらい、不安を持っている方もいるのではないでしょうか?

⇒「脇の下」と「二の腕」の対策はコチラ

⇒「顎」を中心とした「顔」の対策はコチラ

お腹を目立たせないための策としては、

  • お腹が目立たないドレスを選ぶ
  • 少しサイズの大きなドレスを選ぶ

といったことを挙げることができます。

しかし、特に「寸胴」の傾向がある日本人は
バストが大きい方以外は、ドレス自体のサイズでごまかしたり
下半身だけふわふわのドレスは、うまく着こなせないことが現実です。

でるのならば、やはり減らすしかありません・・・

「表面のお肉」だけが問題ではない

お腹の「でっぱり」の特徴として、いわゆる「皮下脂肪」と呼ばれる贅肉だけが
そのボリュームの原因となっているわけではありません。

もう1つの要素として、内臓に付いている脂肪である
「内臓脂肪」が、大きな「だぶつき」につながっている可能性があります。

「健康」も考慮した<徹底的な>ダイエットを

この内臓脂肪を減らす、最も手っ取り早い方法が
「これ以上使うエネルギーがない」という状況を作り、
蓄積された脂肪の燃焼起こさせるための「断食」になります。

⇒花嫁のための「断食」についての詳しい解説

断食は、少し危険を伴う手段であるため
できるだけ結婚式までの期間をおいて試して欲しい手段になりますが
最も効果的に脂肪の燃焼をすることができることは、間違いありません。

「短気決戦」である花嫁ダイエットには、
サプリを利用することが効率的であるとおススメしていますが
特に「お腹のお肉」を構成する、内臓脂肪にアプローチする専用サプリが人気です。



こういったサプリは「中年太りのおじさん」が飲むイメージがありますが
そのコンセプト・効果は、花嫁にこそ、おススメできる内容です。

「健康管理」は、結婚式のため・結婚式で終わりではありません。

これを機に、「生活習慣病」の対策も始めてみてはいかがでしょうか?

>>「シボヘール」の詳細をチェックする

⇒花嫁ダイエットに「燃焼系サプリ」がおススメな理由について詳しくは






花嫁におすすめの2大シェイプアップアイテム