結婚式当日の進行スケジュールのまとめ

結婚式当日は、怒涛のスケジュールであり
ゲストと一緒に楽しめる余裕がなかった、というカップルも珍しくはありません。

しかし、それではやはりもったいないものです。

頑張って準備してきたからこそ、思いっきり楽しんで
「一生に一度の最高の1日」を堪能して欲しいと思います。

そのためには、1日のスケジュールをしっかりと把握しておくことが必要であり
100%スムーズにいくことはないからこそ、せめて”予習”しておくことが大切です。

今回は、結婚式の当日の流れを簡単に解説していきます。

メイクアップから始まる”本番”

結婚式当日は、新婦の「メイク」からスタートします。

それに少し遅れて、新郎のメイク(着替え)が始まります。

同じ部屋で着替える場合は、新婦がドレスを着付けた後に
新郎が着替え始めることが多いです。

ホテル会場などでは、前日の”宿泊”が特典としてついていることも多く
その場合には、そのままそのお部屋がメイク室となることになります。

挙式開始の1時間~1時間半前にはメイクが終わり、いよいよ”出発”となります。

スタジオ写真・ロケーション撮影

ドレスがまだ乱れていない、完璧に着付けている状態で
最初にスタジオで「THE結婚写真」を撮ることが多いです。

その後は”その式場ならではの風景”をバックに、「ロケーション撮影」となります。

親族紹介・親族写真

その後、親族控え室にて親族紹介をしますが
そのタイミングで、自分達の使う会場のチェックや「祝電」のチェックをします。

親族全員での「集合写真」は、挙式の前に撮る場合と挙式後に撮る場合があります。

挙式前の場合は、「親族紹介」の後に
挙式後の場合は、ブーケトスなどのイベント集合直後になります。

そして、式の直前にリハーサルとなります。

式のリハーサル~挙式へ

式のリハーサルは、お父様とのバージンロードの歩き方や
指輪交換や、ベールアップのタイミングを確認していきます。

ここで内容をしっかり把握しておかないと、
本番で”まごまご”してしまうことになります。

しっかりと確認していきましょう。

「だいじょうぶっしょ」という方は、必ずやらかします・・・

リハーサルを含めた以上の内容を、メイクアップから約1時間でこなすことになります。

できるだけスムーズに進めるために大切なことは
メイクアップを必ず時間までに終らせることです。

メイクアップがおしてしまうと、ロケーション撮影などを削ることとなってしまいます。

無駄のないよう、適度に妥協することが大切です。

「披露宴」が始まる

挙式が終了したら次はいよいよ披露宴です。

挙式と披露宴のインターバルは
通常1時間ほどですが、1日に何組も結婚式を挙げるような
規模の大きな会場等では、30分の場合もあります。

その間に新婦はベールを取り(ベールアウト)、ゲストの方に会場に移動してもらいます。

そして準備が整った後は、いよいよ新郎新婦入場になります。

前半は”お決まり”のスケジュール

披露宴の前半(乾杯まで)は、ほとんどのカップルが”同じような内容”で進めます。

個性的なパーティーが増えている現在も、
前半は”だいたいのパターン”が決まっています。

新郎新婦が入場してからの、司会による開宴宣言
そして最近では、新郎からゲストの皆さまへの挨拶である
「ウェルカムスピーチ」をすることが一般的です。

それから「主賓挨拶」に移り、「乾杯」となり、乾杯後が「宴」となります。

以上の乾杯までの流れを「披露式」と呼ぶこともあり
「お決まり」のコースのため、ここまではなるべくスムーズにいきたいものです。

前半のハイライトシーンとしては、「ケーキカット」を行うことが一般的です。
(和装で入場の際には「鏡開き」となり、ケーキカットは再入場後となります。)

最近では、お互いにケーキを食べさせ合う「ファーストバイト」もセットで行うことが
一般的となってきており、実際に8割程度のカップルが行っています。

また、お父様やお母様も呼んで”3カップル6人”で食べさせ合う
「サンクスバイト」といったオプションもあり、バリエーションも増えています。

新郎が目立てる数少ないチャンスと言える「中座」

ケーキカット後はしばし歓談を挟み、新婦の「お色直し退場(中座)」となります。
(※中座は歓談を挟まずケーキカット直後の場合もあり)

そして、その後に新郎が退場(中座)します。

これらの退場の際、一昔前は2人同時に退場することが一般的でしたが
最近では、一人ずつ(基本的に新婦が先)退場し
また、その際に”エスコート”の指名をすることが流行っています。

新婦様の場合、バージンロードはお父様と歩いたので
お母様や兄弟・姉妹を指名することが多いようです。

また新郎様の場合には、お母様もしくはおばあさまと
場合によっては、会社の同僚等と一緒に退場される傾向があり
新婦よりもパターンが多い、数少ないイベントとなります。

新郎新婦中座後は、再入場前の”場つなぎ”として
「プロフィールビデオ」を上映することが一般的です。

その間2人は、”ダッシュ”で着替えることになります。


「再入場」から本格的に盛り上がることに

お色直しの身支度が整ったら、いよいよ再入場です。

このお色直しの時間が長引けば長引くほど、残り時間が少なくなってきます。

こだわりはほどほどに、”形を作る”ことを優先しましょう。

始まりのメイクアップの際にも言えることですが
髪型や着付けを完璧に整えても、あっという間に崩れます。

どうせ、完璧をキープすることはできないのです。

完成から5分かからず崩れるため、それよりも
楽しい時間を優先するべきではないかなといつも思います。

様々な”仕掛け”ができる再入場

再入場の際には、

  • キャンドルサービス
  • プロカメラマンによる各卓撮影

もしくは両方を行うことが通常です。

両方行いたい人が多いのは理解できますが
どちらかにしておかないと、思っていた以上に時間がかかるものです。

また高砂に座る直前に、挙式でフラワーガールなどをやってくれた幼いお子様に
プレゼントを挙げるイベントも、恒例になっていることが多いです。

この再入場のタイミングというのは、様々な演出・オプションを詰め込めるチャンスであり
特に”どうしても注目して欲しいこと”を、進行に付け加えて欲しいと思います。

【披露宴再入場は何をする?】結婚式で本当にやるべきおすすめの演出・イベント【ブーケトスはやらない方がいいの?】

盛り上がりのピークとなる「余興」

そして、新郎新婦が高砂に座った後は
いよいよメインイベントである余興の時間に入ります。

余興の数は、披露宴によって違いがありますが
多くても4組(できれば3組まで)にしておかないと、歓談の時間が取れません。

4組でも歓談の時間が取れない場合が多いため
正直に言うと、新郎新婦1組ずつの2組にやってもらい
あとは歓談の時間にするべきかなと思います。

ちなみに、歓談は再入場後の余興前か
余興後の手紙前、もしくは両方とることができ
その希望も、司会者などに伝えておきましょう。

披露宴の結びはもちろん

そして、披露宴のクライマックスは「新婦の手紙」です。

今までの感謝の気持ちをこめて、両親や兄弟に伝えましょう。

こちらも、現実的なことをアドバイスすると
「長すぎるのが一番のマイナス点」です。

【感動】花嫁の手紙の書き方・適切な長さ・内容のアドバイス~「書き出し」と「結び」の言葉も~【好感度アップ!】

最後まで”ちょうどよさ”を忘れない

手紙を読み終えたら、ご両親へ花束贈呈

→両家代表挨拶(主に新郎のお父様)

→新郎挨拶→退場になります。

これらの挨拶も、長くなりすぎないように意識しましょう。

ちなみに、、

「新郎お父様の挨拶」が長くなってしまうケースが、非常に多くなっています。

挨拶はメモに書いておき、アドリブはなしでお願いしましょう。

また、新郎新婦(両家両親)が退場した後に
「エンドロールムービー」を流すことも非常に流行っています。

お開きの後は、ゲストを見送る「送賓」となります。

「結びのご挨拶」まで、気が抜けません。

↓↓2人に相応しい結婚式プランを無料診断!!






花嫁におすすめの2大シェイプアップアイテム

ABOUTこの記事をかいた人

ウェディングプランナーとしての経験を活かして
「準備の前」から「終わった後」まで、ずっと幸せな気持ちが続くような
最高の結婚式を挙げるための「ちょっとしたコツ」を提供していきます。
現在もブライダルの現場で働き、「最新の結婚式」をレポート中。
このサイトについて