結婚式費用の親からの負担はどれくらいしてもらってる?~両家で分担援助する場合の割合は?~

”結婚式とお金”に関する話題の中でも、特に

親が援助してくれるのか、みんなはどれくらい貰った・貰えるのか

ということが気になっているカップルの方々は、多いのではないでしょうか?

やはり結婚式にとって、お金の話というのは切っても切れないものです。

一方で、この結婚式の費用にまつわる
「親(両家)の負担額」や「負担してもらえる割合・内訳」というのは
非常に”ブラックボックス”と言えるものです。

と言うのも、

「本当は貰っている」けど「貰っていないと答える」カップルや
「金額(割合)」を、少なく深刻することも缶あげられます。

まあ、理由はなんとなく理解される方も多いと思いますが・・・

ただし、予算組の段階でも
「どのくらい親に負担してもらえそうなのか?」ということは、
非常に重要なことであり、予めヒアリングする式場も珍しくありません。

結論から述べると、

多くのカップルが、「何らかの形である程度負担してもらっている」と言えます。

ただし、実際には「思っているほどには貰っていない」とも言え
「援助してもらえるとは思っていない」というカップルも多く
最初から自己資金のみ(とご祝儀)で挙げるつもりのカップルも多い時代です。

時代が変わったことで、やや傾向も変わってきており
「そもそも貰えれば、悩む必要はない」ということからも
非常に個人・カップルの差(家庭格差)が出てきている
同時に、実は”大きめのしこり”が残りやすい問題でもあります。

よそはよそ、うちはうち

と考えることが大切、という前提で解説していきたいと思います。

親の「経済力」と「やる気」が関わる問題

元も子もない話ですが、貰える・いくら貰えるかということは
「両家の経済状態」に、大きく依存するものであると思います。

当然のことならがら、「お金持ち」の方が出してもらいやすいものです。

そもそも「家がお金持ち」の家庭というのは
基本的に結婚式は挙げるもの、と考えている傾向が見られ
”親が出す”ということに関して、当然のこととされることも多いです。

そして、そういった方達は”意外と社会にまぎれいている”ため
極端な情報というものが、氾濫しがちになる原因でもあります。

しかしながら、そういった方と比べても仕方がないため
ここでは、あくまで一般的な事情を考えていきたいと思います。

結婚する2人の「年齢」が大きな鍵を握る

親が負担する・親に負担してもらう、という要素に関しては
カップルの年齢によっても、特定の傾向が見られるます。

特に、「新郎・新婦共にちょっと若い?(10代20代前半)」という場合には
やはり両家が負担してあげること、それを”甘んじて受ける”ことが多いです。

一方で、30歳前後のカップルというのは
「自力で挙げる」とういう意見が、非常に目立つようです。

なぜか「30歳になったんだし」という風潮は根強く
ある意味で「一番不利な世代」とも考えられます・・・

しかしながら、ご両親が特定の年齢以上の場合には
「親が出すもの」という傾向が再燃することで、傾向が逆転します。

そして、この「家のスタンス」こそが
結婚費用に関わる、負担額のトラブルに大きく関わることになります。

地域や文化によっても感覚に差がある

「親がどのくらい出すのか」という要素は、
家・本人の属性によって、非常に大きな差があると言えます。

地域の風習や、家庭ごとのの「家」の考え方によっても
「子供の結婚式に対する親の考え方」というのは、大きく異なり

  • 全部出す
  • 多少は「必ず」負担する
  • 新郎側が多めに負担する
  • 新郎側・新婦側が同じ割合で負担する(一部・全額含め)

と、非常に「パターン」があります。

更に言えば、基本的に「長男(長女)は出してもらいやすい」ことも事実です。

もっと突っ込めば、「初孫」や「長男の子供(その長男なら余計に)」の場合
おじいさん・おばあさんが、「がっつりくれる」ことも多いと言えます。

ちなみに、一般的な日本の結婚式においては
父親・母親(未婚の兄弟)というのは、「招待客」でなく「主催者」という考え方です。

そのため、<一緒におもてなしを考える>ということは
日本の結婚式の伝統でもあることは、覚えておいて欲しいと思います。

「感覚の違い」によるトラブルが起きやすい問題

加えて、両家に負担をしてもらう際
その負担割合というのは、後々「しこり」になることも知らています。

「どちらが出した・出さない」よりも、「割合」でも揉める傾向があり
「どちらの負担額が多かった」という内容は、よく耳にするものです。

このトラブルの内容には、

  • 新郎側が多く出すべき
  • 女性の方が基本的にお金がかかる(用意すべきものが多い)

という要素が、必ず関わるものであり

  • 自分達自信が、しっかりと納得しておく
  • 互いの両親に、最初から納得してもらう
  • もしくは互いの両親に、相手側の負担額を教えない

といったことを、意識して欲しいとは思いますが
それぞれに事情があり、各家庭で納得してもらうしかありません・・・


”自力で挙げよう”と考えるカップルが増えてきている

具体的な金額で言えば、

「両家共に50万円以上ずつ負担してもらえる」

というカップルは、かなり恵まれているのかな?と思われます。

というのも、

言うまでもなく、長い間にわたって不景気な世の中です。

そのため、

  • 自分達もお金がない
  • 両家もお金がない

というカップルは、最も一般的なのではないかな?と思います。

それだけに、冒頭でも紹介した通り
「自分達の力だけで挙げるカップル」は、非常に増えてきており
そのための環境・サービスに関しても、非常に増えてきています。

カップルと、結婚式業界の歩み寄りとも言うべきもであり
「格安ウェディング」を中心として、”今まであった無駄”を減らすことで
総費用を抑えるという流れが、一般化してきています。

また、「口出しして欲しくないから」ということで
両家からの援助を貰わないカップルというのは、今も昔も存在します。

実際に、お金を負担する分<発言力>が強まる現象も見られ
また「出してもらってるから、仕方がない・・・」となりがちです。

ただし、上記したように”両家でおもてなしをする”ことも
結婚式の伝統文化でもあり、考慮しておきたい点と言えます。

「援助なし」でも挙げやすい時代!

「一般的な結婚式の際の親の負担額」が気になるということは
おそらく、現在「結婚式のために必要なお金」に関して悩んでいて

「足りないかも・・・どうしよう・・・」

「やっぱり援助がないと、難しいのかな?」

と考えていることが予想されます。

しかしながら、「お金に余裕のない」状況であっても
加えて「親の援助が望めない」場合でも、工夫次第で挙げられる時代なのです。

最終的には、2人で判断することにはなりますが
”本気”で”自力”で挙げたいのであれば、ぜひ<挙げるための工夫>を頑張って欲しいと思います。

【口コミで大評判】コスパの高い結婚式を挙げるなら「ハナユメ-Hanayume-」がおすすめ【定額・会費制!後払い可!】



花嫁におすすめの2大シェイプアップアイテム