結婚式の撮影・ムービー制作は業者に頼んだ?~「手作り」や「持ち込み」の方がいいの?~

まず最初に、1つの結論を述べると・・・

当日の撮影に関しては、基本的には「友人」に頼むべきではありません。

ゲストの方対しては、

”単純に”楽しんでもらう”こと、そして”ついでに”祝ってもらう

といった、おもてなしの気持ちで臨むことが大切です。

ただし、「カメラマン」等の職業をしている友人の方から
「撮るよ!」と言ってくれている場合には、快くお願いしてみてもいいかもしれません。

その際にも、「あんまり張り切らなくていいよ」と”できあがり”よりも
自分達のためにやってくれた”ということに対し、感謝を忘れないようにしましょう。

そもそも「ビデオ商品」は頼むべきなの?

結婚式にまつわる「アイテム」や「オプション」には、様々なものが存在しますが

  1. 必ず頼むもの(ドレス・メイク・料理)
  2. 多くの人が頼むもの(スナップアルバム)
  3. できればあった方がいいもの(フラワーシャワー)
  4. どちらでもいいもの(ブーケのドライフラワー)

大まかに、以上に分けられます。

ビデオ商品に関しては「3」もしくは「4」に当てはまり
それほど優先順位高いものでもない傾向があることも事実です。

ただし、その「内容」に関しても様々な形態があり
前もって準備するもの、当日でなくては撮れないものもあり
その商品ごとに、優先順位が大きく変わるものでもあります。

ラインナップによる優先度

一般的なビデオ商品のラインナップとして、

  • 当日の記録ビデオ(スナップアルバムの動画版)
  • ビデオアルバム(中座中に流す、2人のヒストリー)
  • 当日エンドロール(当日のハイライトをゲスト名と共に)

以上の3つがあり、それぞれ”頼みたい人は”というスタンスにはなりますが
「ビデオアルバム」に関しては、90%以上のカップルが中座中に上映しています。

このビデオアルバムというアイテムは、

  • 会場の提携会社から購入
  • 自分達(友人)で作る
  • 持ち込み(会場以外の業者)

以上の3パターンのどれかを選ぶことになり

それぞれ、同じくらいの割合になっています。

「撮影」が必要なものは式場内の提携業者を利用するべき

結婚費用を節約するためには、「持ち込み」を効果的に利用するべきですが
”ビデオアルバム以外”の「記録映像」に関しては、持ち込みをおすすめしません。

特に「当日エンドロール」に関しては、持ち込みがほぼできない会場も多いです。

「結婚式の業者」はどれもやや特殊ですが、その中でもビデオ業者は特に
一般的な「その業界のルール」が通用しないことも多いです。

また専門で撮影している人にとっても、会場によって「勝手が違う」ことが多く
いつもそこで撮っている・作っている会社のスタッフに任せるほうが無難なのです。

これは「スナップカメラマン」にも言えることであり
”一般的に腕のいいカメラマン”よりも、”イマイチ”ないつも撮ってる人”にするべきです。

”やりなおし”ができないもの

カップルの方々がビデオアイテムを注文する理由として、
「自分達」のことよりも、出席できなかった「ゲスト」に見せたいこと

特に入院等の事情で、出たくても出れなかった
おじいさん・おばあさんに見せたくて、注文するカップルも多いです。

やはり、最も分かりやすい・少しでも臨場感を感じることができるものが「映像」です。

いくら安くても、ちゃんと撮れていないのでは
できあがってから「残念」な感じになってしまいます。

二度とこない日であり、<撮り直し>ができないことは忘れないようにしましょう。


「持ち込み」をする際の基本的な注意点のおさらい

「手作り結婚式」や「DIY式」という言葉を聞くことが多くなりましたが
これら持ち込みという手段を使えるようになったことで、一気に広まったものになります。

持ち込みをすることのメリットとして知られるものには、

式場の提携業者から購入(レンタル)すると、高くつくものが安く用意できることや
自分達が選んだ業者や、自分達自身で自作することによって”節約”につながること
更に”手作り感”が、ゲストにも伝わりやすいということばかりが注目されます。

しかしながら、考えようによっては「リスク」も存在し
そう簡単にはいかないものであることも、心得ておきましょう。

提携業者には「安心感」があることも事実

その式場内でアイテムを販売(レンタル)している業者は、
その会場ごとに異なり、また同じアイテムでも扱っている会社が2社あったりします。

確かに「割高」と感じてしまう部分もありますが、その分”安心感”があります。

基本的に、その結婚式場に合っている・慣れていること点が最大のポイントです。

会場を決めた理由は、カップルそれぞれで異なると思いますが
「外観」「ロケーション」といった「雰囲気」に関しても
大きな決定要因の1つにであったことには違いありません。

そして、その会場と提携している業者は
その会場に合わせたラインナップを紹介しています。

この傾向が特に顕著に現れるものが、「写真」や「映像」といった
”見る(撮る)”ものであり、当日に撮影してくれる「カメラマン」も同じです。

「持ち込み業者」より、その会場に慣れている方が基本的に有利です。

「できあがり」は、お金には代えられないものであるはずです。

持ち込みをする際は「結果的に、いい方向にいくか」どうかを
しっかりと検討してから、決定しましょう。

※参考記事:「持ち込み」や「手作り」をする際の注意点について詳しく

<間に合う>ことが最優先

持ち込みに関する問題点として、「当日までに間に合わない」というケースがあります。

言うまでもなく、これは何より注意して欲しい最優先事項です。

やっぱり間に合わないかも・・・難しいかもな・・・

そう思った時には、すぐにプランナーに相談しましょう。

ご友人や、ご両親に相談するよりも優先しましょう。

「当日に、そこにない」という事態は、絶対に防ぎましょう。

結婚式とは、非常に長い時間をかけて準備するものですが
”ギリギリになってしまう”ものが、けっこうあります。

多くの人・業者の力を借りて作り上げるものであり
「注文」が終わってからの「連絡」といった、地味な作業が非常に重要になります。

その過程は、持ち込みの場合も変わりません。

ぜひ利用すべき制度

つらつらと、持ち込みに関するデメリットを書き連ねました・・・
「持ち込み制度」は、ぜひ利用すべきです。

節約だけでなく「自分達らしい結婚式」にするためにも、非常に有効な手段であり
「探す」「迷う」「作る」という、当日とは別の楽しみができるメリットも挙げておきます。






花嫁におすすめの2大シェイプアップアイテム