【結婚式の準備を始めるカップル必読!】元ウェディングプランナーはどんな式場を選んでどんな内容にする?

今回は「ブライダル業界関係者」による、結婚式を挙げることを想定した解説です。

ここだけの話・・・ウェディングプランナーは、意外と「未婚率」が高いです。

ウェディングプランナーの人というのは(特に女性)
「結婚式に夢を抱いている人が多い」と思われがちですが、
”結婚”というものに対して、実はかなり慎重な傾向が見られます。

いろいろなカップルを見ますからね。。。

また、「夢見ているからこそ」という事情も感じます。

余計なお世話だと思うので、これ以上は言及しませんが・・・
”未婚のブライダルプランナー”というのは、珍しくありません。

だからといって、話を軽く聞き流すことはしないで欲しいと思います。

大切なのは、「カップルと一緒に、自分のことのように考えることができるか」です。

プランナー同士の会話でも、「自分だったらこうする」はよく聞きます。

「こうすうればいいにのに・・・」と思うこともしょっちゅうです。

”どこで挙げるか”でほぼ決まってしまうから「式場選び」に全力を尽くす

結婚式を成功させるために必要なことは、「理想を叶えるための努力」であり

  • その理想が適切なものなのか
  • 叶えるためにどんな工夫ができるか

こういったことを考えることが、結婚式の準備の振醍醐味と言えます。

まずは、結婚式を挙げる際に最も重要な要素が<式場選び>です。

当サイトにおいて、繰り返し述べている通り

「どの結婚式場を選ぶかで、結婚式の内容の大半が決まる」

と言えます。

「スタート」の時点で、どんな「ゴール」になるのかある程度決まってしまうのです。

それは、

「お金」に関しても

「内容」に関しても

「その式場のルール」に左右されるためです。

じゃあ、どこがいいのか?となりますが・・・

いろいろな会場の内情を知っているものからしても・・・

はっきり言って、

「一定のクオリティを満たしていればどこの会場も、そう変りない」

と感じます。

これはあくまで、「会場の基礎的な能力」を基準に考えた場合です。

結婚式場は無数に存在し、とにかく選択肢が多いです。

完全なアタリ・ハズレを例外とすれば、いわゆる「クオリティ」は同じようなものです。

というのも、

ブライダル業界だけに限らないことだとは思いますが、
「マニュアル」や「段取り」が、ある程度均一化しています。

ブライダル業界に関しても、結局は「サービス業」であり
”ある程度同じような満足感”を与えることが、すでに確立されていると考えられます。

だからこそ、「自分達のコンセプト」が重要になってくるのです。

「自分達が考えている結婚式を、その式場実現できるのか否か」

その一点を考えて、”自分達の結婚式場”を選びましょう。

”探し方”と”決め方”で「総費用」が変わってくる

結婚式にまつわる内容で、多くのカップルが気になるのは「総費用」だと思います。

そしてその際に鍵を握る要素が、式場の「探し方」と「決め方」になります。

結婚式場の選び方のポイントと注意点~費用の鍵を握る「決め方」のコツとは~

一般的には、「候補会場」のブライダルフェアや会場見学に参加して
その後に「ここで挙げます」という、「本契約」をすることになりますが
まずは「選ぶ」と言う段階で、「ちょっと見るだけ」の段階が必要になります。

そしてその会場訪問の際には、「ゼクシィ」を利用することが一般的です。

>>全国の「ほぼ全て」の式場を網羅したゼクシィの公式サイトはこちら

もちろん「ゼクシィ経由」は、相変わらず主流として間違いないものです。

”なんとなく”利用しやすいサービスであり、
まだ漠然とした状態であっても、おすすめのサービスです。

ただし最近では「ゼクシィ」以外にも、様々な「結婚式場仲介サービス」が存在し
それぞれのサービスごとに、式場と価格の「相性」があります。

  • この仲介サービスだと、この式場が安くなる
  • この内容でこの式場だと、これくらい

であり、その組み合わせはカップルそれぞれ異なるはずです。

「自分達が特をするサービス」を選びましょう。

「複雑でめんどくさい」のですが、「数十万円単位」変わって来るため
ぜひ最初だけは慎重に、じっくりと判断して欲しいと思います。

※おすすめの結婚式場仲介サービス

マイナビウェディング

ハナユメ~Hanayume~

※「格安ウェディング」なら>>得ナビウェディング

※「少人数ウェディング」なら>>小さな結婚式

そしてその際に「できるだけ多くの会場を見学させてもらう」ことが重要であり
「決め打ち(第一希望のみの見学)」というのは、危険であり絶対にNGです。

しかしながら、「そんな時間がない」というカップルも多いはずであり
そのため、ある程度の「会場コンセプト」を決めてから
そのコンセプトにのっとった範囲で、ピックアップすることをおススメします。

会場のコンセプトとは、

  • ホテル会場
  • 専門式場(ゲストハウス)
  • レストラン

といった、いわゆる「形態」のことです。

この「大枠」を先に決めてしまうことで、選択肢を減らすことができます。

式場決定までの手順を、効率的にまとめると・・・

  1. 会場コンセプトの決定
  2. 仲介サービスの訪問(もしくはゼクシィ)・・・複数社の話を聞くのもあり
  3. 会場見学(ブライダルフェア)・・・紹介は仲介サービスの訪問・ゼクシィのどちらでも
  4. 検討
  5. 仲介サービスの訪問(2回目) or ゼクシィ・・・「ここがいいと思っています」報告
  6. 決定

ちなみに、私が挙げるのであれば・・・「レストラン会場」を選びたいと思います。

そして、「ゼクシィ」や各仲介サービスの話を聞き
様々な会場を見学した後に、結果的に自分が選んだ式場で<最もお得になる選択>をします。

”お得”というのは、金銭的なことだけでなく「自分が求める内容全体」を通してであり
結婚式の準備では、この「結果的に、全体的にお得になる」という考えが非常に大切です。

「レストラン」で挙げたい理由

正直言うと・・・怒られてしまうかもしれませんが・・・
私の中で「挙式」というものは、「優先度」の低いものです。

もちろん、「誓い」を交わす「儀式」としては重要だと思いますが
「場所」とか「雰囲気」とか・・・

そんなに重要?と思ってしまいます。(おそらく私が男性だからでしょう)

結婚式のメインは「披露宴」と、個人的には思うのです。

喧嘩しないための「決断」と「妥協」

そして、ここでとても大切なことを言います。

結婚式の準備を、円滑に進めるためには

  • 自分の意見は、”最初”にはっきり言う
  • 「どうでもいいこと」は、相手の意見を尊重する

私の場合は「料理」と「お酒」にこだわりたいことから、レストラン会場です。
(仮に式場のチョイスは自分の意見が通ったことにします)

そして内容を決めていく中で、パートナーが

「フラワーシャワーがやりたい」

「ブーケトスがしたい」

と言ったら、「いいよ?」とだけ私は言います。(もちろん、価格によりますが)

でもでも、

「料理は安くていいじゃん!」

なんて言われたら、「ダメ!」とはっきり言います。

そうなんです。

やはり、結婚式の内容で最も重要なものは料理だと思うんです。

そしてそれは、「ゲストの感じる満足度」に大きく関わっていることが理由です。

「自分のゲストが求めるもの」を考える

これはもう、間違いないです。

ゲストの8割は、料理を最も「期待」しています。

それは裏切りたくない。

「ゲストのことを考えた結婚式」

と言う言葉が、最近ではよく聞かれますが
そうであるのであれば、料理(お酒)はこだわるべきです。

「ゲストの満足度」というものは、ほとんどが料理に関するものです。

美味しいものを、おなか一杯食べれば、決して嫌な気持ちにはなりません。

そのため、「質」はもちろん「量」も考慮したいと思います。

もちろん、「小食の人が多い」というカップルもいるかもしれません。

その場合でも、やはり「満足度」というのは「何を求めているのか」ということなのです。

人間は現実的です。

「ご祝儀」は、決して安いものではありません。

それに見合う「リターン」を、返す義務があります。

それゆえ、私はレストランで挙げたいのです。
(私が食べることが好き、最も満足度を感じやすいという打算もあります・・・)

そしてここで「1品増やす」という、オプションを追加する可能性が出てきます。

金額にもよりますが、ここが「検討」の醍醐味とも言えます。

【披露宴の料理の「相場」はいくら?】メニュー・コースを選ぶ際の基準と意外と大切な「ドリンク」【お酒の持ち込みも?】

「披露宴」の内容はどうする?

披露宴会場の「装飾」等に関しても、私はそれほどこだわりがありません。

また”お決まりの進行内容”も、なくていいと思います。

それよりも、「時間」を大切にしたいと思っています。

そのため、披露宴の前半は

  • ウェルカムスピーチ
  • 乾杯
  • ケーキカット

この3つにしぼります。

「プロフィール紹介」に関しては、
中座中の「プロフィールビデオ」でいいかな~と思います。

しかしながら、「上司の挨拶」といったものが
どうしても欠かせないケースもあると思います。

そのため、そういった場合には
お願いする時に「何分程度で」と伝えておきましょう。

乾杯の前に、片方10分以上の挨拶は「悲劇」です。。。

「お色直しのための中座」は、今流行りの「別退場」かな~

新郎も新婦も、お母さん・兄弟姉妹との中座が最も多いです。
(お父さんかわいそうだな~、とも思いますが
新婦はお父さんとはバージンロードを歩くこと
また男同士はちょっと、というのも分かります・・・)

ここで「ウケ」をとってもいいと思います。
(同僚や、意外と思われるゲストと一緒に退場)

中座中は9割以上のカップルがプロフィールビデオを流すので、そこは乗っかります。

披露宴の後半に関しても、「イベント」は少なめで
できるだけ「余興」の時間は設けない方向でいきます。

もちろん「やるよ!」と言ってくれたら、ありがたくお願いしますが
その内容が、”ウケる人が限られる”ものは避けたいと思います。

全員で楽しまないと・・・と思ってしまうのです。

「ゲストの満足度が高い結婚式」を作るために必要なこととは

「ゲストとの時間」を大切にしたい

どうして、これほど「内容の削減」をするかと言うと
ここ数年前までは、「詰め込みすぎな披露宴」が非常に目立ちました。

挨拶挨拶乾杯ケーキ中座中座余興スピーチ余興スピーチ余興

客観的に見て、「非常にあわただしいな・・・」と感じてしまいました。

ゲストの方の中には、「私は何しに行ったの?」
感じてしまう人も多いだろうな・・・と思うこともしばしば

ゲストが「来て損した」と感じる結婚式は、絶対に避けましょう。

49人が楽しくでも、1人が楽しくなければ、それは成功ではありません。

ゲストが最も不快に感じるのは、「ないがしろ」にされた瞬間です。

せめて、「あの人としゃべったっけ?」ということがないように
最低限一度は「落ち着いて」会話ができる時間を、1人1人設けて欲しいと思います。

お互いに「何で呼んだの?」とは、ならないようにして欲しいと思います。

そしてそのためには、披露宴の時間というのは短かすぎるのです。

だからこそ、

「レストランで一緒にご飯を食べる」

これをパーティーコンセプトするからこそ、ゆったりとした時間を最優先したいのです。

ちょっと極端かもしれませんが、「それでも大丈夫」なのが現代の結婚式であり
やはり「好きに挙げる」その結果が、「みんな楽しい」のであればベストです。






花嫁におすすめの2大シェイプアップアイテム

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

ウェディングプランナーとしての経験を活かして
「準備の前」から「終わった後」まで、ずっと幸せな気持ちが続くような
最高の結婚式を挙げるための「ちょっとしたコツ」を提供していきます。
現在もブライダルの現場で働き、「最新の結婚式」をレポート中。
このサイトについて