【結婚式を2回挙げたい!】今おすすめの会費で開く「1.5次会」の内容と費用【披露宴をパーティーに!】

最近では、結婚式を2回挙げるカップルというのが珍しくありません。

「えっ?何で??」と思った方もいるかもしれませんが、
これには、”一生に一度の大舞台”という大げさな感覚ではなく
もっと”気軽に”という考えのカップルが増えたことが、根底にあります。

そして、

「二回に分けた方が参加者にとっても都合がいい」

といった”現実的”な考えから、<結婚式を2回に分ける>というケースも増えています。

地元が遠方だったり、スケージュールを合わせるのが難しい、といった
「無理をさせてしまう」ということを避けたいカップルが、

そして、それは”結婚式を挙げるハードル”が低くなったことが大きな理由です。

結婚式を2回

と聞いて、

お金は?予算は?

といったことが、頭に浮かんだ方は多いはずです。

結婚式において最も大きな要素である、「金銭(予算)」から考えても
昔に比べて、結婚式にかかる総費用が”かなり”下がっており
また2回挙げたとしても、「まるまる2回分」とはならないのです。

1回分の結婚式に”プラス半額以下”で、2回挙げてしまうことは現実的に可能です。

この費用面の問題がクリアできることから、2回(複数回)挙げるカップルが急増しています。

「2回分の結婚式」はそれぞれどうなるの?

もちろん、内容によって金額h決まるものであり
「完璧な結婚式を2回」というのが、難しいことは現実です。

そたのめ、

  • どちらかは披露宴だけ
  • ドレス・メイクは自前

といった、工夫が必要な場合もあります。

実際に、結婚式(式・披露宴・式披露宴)を挙げるカップルが
どのようにして、2回に分けているかというと・・・

予算全体の3分の1で「家族婚」を挙げ

残りの3分の2で「一般的な結婚式」を挙げる

といったケースが、多く見られるものとなっていますが
その内容・コンセプトのバリエーションが、徐々に増えてきていることがポイントです。

コンセプトに分けた結婚式が味わえる

2回挙げる場合に考えられるパターンとしては、

  • 1回目・・・家族・親戚のみ
    2回目・・・会社の方・友人
  • 1回目・・・家族・親戚と会社の方
    2回目・・・友人のみ
  • 1回目・・・家族・上司・ごく親しい友人
    2回目・・・同僚・友人たくさん

以上の3パターンが主流です。

共通していることは、1回目はあくまで「形式上」の結婚式ということです。

ご家庭によっては、

  • ホテルでないとダメ
  • 神社でないとダメ

といった、「カタチ」を重要視するご両親もいらっしゃり
そのご両親の意向を優先しなければなない、というカップルは未だに少なくありません。

「自分達の好きなようにできない」ということで、後悔を残すパターンです。

しかしながら、2回挙げるのであれば”もう一度”チャンスがあるということでもあります。

両家の意見を優先したものを1度挙げ・・・

2回目は「自分達の好きなようにする」

といった、<1回目にはできなかったことをやる>というパターンも多いです。

2回目の結婚式に関しては、「披露宴のみ」というカップルも多いですが
1回目の挙式が自分達の希望の式場でなかった場合、改めて「挙式」を行うカップルもいます。

2回あるから「悔いのない結婚式」を実現しやすい

両家の家族・親戚のみの披露宴では、「かしこまった席」となることが通常です。

一方で友人のみの披露宴では、思いっきりはじけることができるため
本当に楽しんでいるカップルが多いことが特徴です。

ご両親の意見も聞いてあげて・・・更に自分達の理想を叶えたい!

というカップルにとって、各回の予算を削っても2回挙げることで
結果的に後悔がなく、満足度の高い結婚式を実現できることになります。

「ゲストが被らないようにする」といった配慮が必要になる場合もありますが
”被ってはいけない”等のルールも特にはなく、

  • 両方来て欲しいゲスト
  • こっちに来て欲しいゲスト

と、分けてお声がけするのも自由です。

ご祝儀制・会費制を選べることも多く、新郎新婦とそのゲスト
全ての参加者の負担が、少しでも減るようにできるサービスも増えています。

※複数回挙げたいカップルにおすすめの仲介サービス

2回挙げたいカップルにおすすめのコンセプト「1.5次会」

結婚式を2回挙げる際に、無視できないコンセプトであり
最近よく耳にするようになったものに、「1.5次会(婚)」というものがあります。

いわゆる「格安ウェディング」は、「一般的な結婚式」にのっとった内容で進行され
”基本的な内容はそのままに”少しグレードを落として、費用を抑えることを可能にしています。

一方で「1.5次会」にルールはなく、「制限時間内は好きにしていい」といった
「ウェディングパーティー」のようであり、現代のカップルに非常にマッチした内容です。

「ウェディングパーティー」の内容

「1.5次会」とは、「2次会」よりも”ゴージャス”であり
”ちゃんとしたとした”パーティーになります。

  • 乾杯
  • ケーキカット

といった、結婚式ではお馴染みのイベントもありつつ・・・(なしでもOK)
「歓談時間」や「イベント」も用意されていることが一般的です。

正に結婚式(一次会)と二次会が合体したような、中間のコンセプトです。

  • 主賓の長い挨拶はやだ・・・
  • 両親への手紙は恥ずかしい・・・

ということであればカットできますし、「両家の食事会」と分けて
親族は呼ばず、更に「会社の人」も呼ばず、友人だけで行うこともでき
呼ぶべき・呼ばないべきといった、難しい(めんどうな)判断からも自由です。

会場を選ぶ際には、基本的には「パーティー」であるため
食べながら・飲みながら進行できる、「レストラン会場」が多い傾向があります。

しかしながら、昨今のブームの盛り上がりに比例して
様々な嗜好が生まれることから「提携会場」が増えており
ホテル・ゲストハウスといった、やや豪華な会場も徐々に選べるようになってきています。

「1.5次会」にかかる費用

「1.5次会」が「普通の結婚式」と異なる点としては、やはり”費用が少なくて済む”ことです。

「ご祝儀制」ではなく、「会費制」であることも多いです。

その場合、おおよそ「1.5~2万円」ほどになることが一般的です。

結婚式のご祝儀の相場が「(少なくて)3万円(少なくて)」
2次会の会費が「5~8,000円」ということを考えれば、費用面も中間と言える価格です。

カップル2人の負担もさることながら、「ゲストの負担」も少なくて済むのです。

また「全員一律」という点も、”負担が同じ”という点もメリットです。

確かに、普通の結婚式ではないのにも関わらず、
「普通のご祝儀」を払ってもらうのは、申し訳ない気持ちになってしましますよね。

そういった意見から、「適度な会費」に落ち着いているようです。

「1.5次会(ウェディングパーティー)」を挙げる方法

この「1.5次会」というコンセプトは、今やどの会社・式場でも可能なスタイルです。

ホームページ等の、メニューにない場合もありますが
メールや、電話での問い合わせ、また無料の相談カウンターに
直接質問・相談に行ってみることをおすすめします。

現在、非常に盛り上がってきているスタイルであり
「キャンペーン」等も積極的に行われているため、この機会にぜひ相談してみましょう。

「ただのパーティーなら自分達でできる」

と考えているカップルもいらっしゃると思います。

しかし、

意外と大変です・・・

なんだかんだと、友人に負担をかけることも多くなります。

専門の会社・スタッフに任せるべきなのです。

「進行役」がいるかいないかは、パーティーを進めるうえで大きな要素であり
「プロ(業者)」に任せることで、自分達の余計な気苦労も減るはずです。



花嫁におすすめの2大シェイプアップアイテム