後悔しない結婚式を挙げるための秘訣~後悔してしまった例からも学ぶ~

かなりネガティブなタイトルとなっておりますが・・・

現実として、

結婚式というのは、大満足で結べるカップルと
後悔して結びを迎えるカップルが極端なイベントでもあります。
(結婚式では「終える」は縁起が悪いため「結ぶ」と言います)

大満足で帰られるカップルもいれば、浮かない様子で帰ることになるカップルもおり
そういった方がいることには、とても心苦しく思います。

そして、その原因としては「本来であれば、防げた」ことと
「どうしても、仕方が無かった」ことの、両方が考えられますが

やはり防げることは防ぎたいものであり、最大限の備えを知っておきましょう。

前提として、完璧に「理想通り」に結べる結婚式は滅多にありません。

1日を通して、計画していた内容が全て予定調和で進むことはほぼ無く
どうしても不備が、目立ってしまうように感じる場合もあります。

自分の理想などがあることも多いと思いますが、
全て100%理想通り・思い通りに進むことは難しいと考えましょう。

そうは言っても、

できるだけ嫌な気持ちになることなく、1日を結べることを望んでいるはずです。

その為には、「先輩達が後悔してしまった例」から学び
できるだけ回避できるように、そうはならないように心得ることが大切です。

「後悔したカップル」が多い要素とは

結婚式を「結ばれた」カップルが後悔していることは
挙式・披露宴自体の内容というのは、実はそれほど多くありません。

全体的に多い意見としては・・・
会場のスタッフや、アテンダーの不手際などが目立ちます。

しかしながら、本当はいい会場だったとしても
”たまたま悪い人にあたってしまった”場合や・・・

”偶然その日に起きた仕事上のミス”の被害を受けてしまったなど
ある意味で、「運が悪かった」と言えるようなこともあります。

また、お金に関する

「多くかかりすぎてしまった」

という意見の一方

「もっとしっかりかけておけばよかった」

という意見もあり、

<正直、ケチり過ぎた>ことで、イマイチな感じになってしまった・・・

かといって、「予算」は最初に明確にしておくべきであり・・・

この問題は、永遠に解消できない内容ではないかと思います。。。

それら以外の後悔・失敗として、細かい内容を見ていきましょう。

一般的に多い後悔の内容としては、

  • 当日のメイクの内容について
  • ゲストの振る舞いについて
  • オプションを頼まなかったことについて

以上が圧倒的に多くなっています。

メイクの仕上がり

最も多い後悔としては、新婦様の当日の「メイク」を挙げることができます。

  • リハーサルの時と違っていた
  • なぜか、どうしても同じようにならない
  • 全く理想とは違うものになってしまった

と等の、

「自分で納得できない」姿で人前に出なければならなかった

ということが、一番多く聞かれる”定番の”後悔です。

特に「前髪」を中心としたヘアメイクや、付けまつげの
ちょっとした量や形を、非常に気にされる方が多いです。

「うまくいっていない」新婦様は、メイクアップの時点で
不満そうな顔をしているのですぐに分かります。

防止策としては、リハーサルなどを細かくしておき
特に大切な部分をしっかり伝え、もしも当日
違うスタイリストに当たってしまっても

大丈夫なように仕込んでおきましょう。

リハーサルをしないで当日を迎える方もいますが、
絶対にメイクリハーサルをしておきましょう。

また、「濃くされ過ぎた」という意見も多く
おかしいなと思ったら、過ぎに意見をはっきりと言いましょう。

「むくみ」などによっても、変わってしまうことがあるようなので
しっかりと体調を整えておくしかありません。

もしうまくいかなくても
引きずらずに笑顔で過ごすことが最も大切です。

ゲストの披露宴での振る舞い

これは自分達で呼んだものなので
後悔してもしきれない場合や、後々もめる場合も多いです。

特にスピーチの内容等で、下ネタや下品な発言があったり
「言わない方がいい・言ってはいけない」ことを言ってしまったりと
自分達だけでなく、他のゲストの方々もいやな思いをしてしまうことになるため
「危ない人」を呼ぶ場合は、念押ししておきましょう。

ちょっとしたオプションをケチってしまった

予算の関係で、ドレスの質や写真の枚数に制限を設けた場合や
ビデオ撮影を親戚や友人に任せた場合等、”ちょっとケチってしまった”結果
うまくいかなかったこを後悔するカップルが目立ちます。

特に、当日には追加注文できないものが多く
「ケチらないでもっとお金をかけておけばよかった」となる最たる例です。

「うありすぎた後悔」よりも「やれなかった後悔」の方が残りやすい

準備中はお金の節約を考えていたとしても、
いざ当時を迎えると、「お金よりも思い出」となるはずであり、
進行中に今かかっているお金のことを考えているカップルはほとんどいません。

場合によっては、当日に追加オプションなどが必要な場合も
「ええい!仕方ない!!」と、あっさり決断される方がほとんどです。

節約にこだわっていたとしても、実際には「お金をかけたのに・・・」という気持ちよりも
<思い出を綺麗に残すことができなかった>という後悔の方が強くが残ってしまいます。

可能な限り十分な準備を心掛けるしかない

結婚式を控えたカップルの方々ができることは、
これらの後悔・失敗談から学び、十分な準備をすることだけです。

そもそも、準備ができていないのにうまくいくわけがありません。

また、直前での変更・思いつきは大抵うまくいきません。

早い段階である程度決断をし、十分な時間を使い綿密な準備を重ねていきましょう。



花嫁におすすめの2大シェイプアップアイテム