【感動】花嫁の手紙の書き方・適切な長さ・内容のアドバイス~「書き出し」と「結び」の言葉も~【好感度アップ!】

披露宴後半における、最大のハイライトシーンといえば「花嫁の手紙」であり
場合によっては、その1日で最大の「魅せ場」でもあります。

結婚式と言えば、花嫁が涙ながらに
手紙を読んでいるシーンを思い浮かべる人も多いと思います。

最近では、手紙を読まない花嫁も増えていますが
今まで言えなかった感謝の気持ちを、素直に伝えられるせっかくの貴重な機会なので
ぜひ読んで欲しいですし、ご両親だけでなくゲストの方々も意外と期待しています。

一般的な「流れ」はとりあえず崩さない

まず最初に、とりあえずの「一般的な構成」を紹介します。

  1. お越しくださったゲストへお礼を一言
  2. お母様への感謝の言葉(エピソードを交えて)
  3. お父様への感謝の言葉(エピソードを交えて)
  4. おばあ様おじい様、兄弟姉妹へも一言
  5. 結びに新郎のご両親への挨拶

基本的には、これに沿うべきです。

定番である理由があり、確立されたものです。

この「軸」は、ある程度沿った方がいいものであり
流れに関しては、あまり崩さない(オリジナリティを出さない)ことが望ましいです。

また、手紙を読んでいる時間は「5分~8分」が適切です。

10分だと、少し長いです。

15分は長すぎます。

感動していいた両親や、ゲストも冷めてしまうのが現実です。

「尺」は、意外と核心となる要素であり
言葉は尽きないかもしれませんが、<うまくまとめる>というテクニックも重要です。

「違い」を出すなら

上記の無難な例で紹介した5つの項目は、言わば「必須」の内容でもあります。

それにプラスアルファ加えることが、「心に残る手紙」になります。

鉄板のプラスアルファとして、

  • 幼い頃の両親への気持ちと
    現在の感謝の気持ちの「ギャップ」
  • ネガティブな気持ちからポジティブな気持ちへの「心の成長」
  • 自分の理想の家族像と、育った環境の類似点
  • 新郎に対する一言

あくまで、「いやらしくならなように」気をつけて
「自己陶酔感」は、絶対に出さないようにしましょう。

とはいっても、「計算」もアリです・・・

内容に関して、あまり神経質になることはありませんが
あくまで、「家族」への「感謝の気持ち」を
「シンプル」に「正直」に伝えることを目標としましょう。

最後に、意外と思われるかもしれませんが
「泣かないで読みきること」がコツだったります。

泣くことによって、冷めてしまうゲストや
「泣けばそりゃ、、、」と思われることもあります。

何よりも、「何言ってるか分からない」となりがちです。

泣くのは、「花束を渡した後」が「鉄板」です。

「いい結婚式」の花嫁の手紙は、非常にシンプルであることも特徴です。

もっと「いい手紙」を読みたいなら・・・

以上を守っていただければ、ある程度は<ハズない>ことは確かです。

しかしながら、もっと「高み」を目指す方も多いはずです。

「はりきった感じ」というのは「ちょっといやらしいかな・・・」と思ってしまったり
また恥ずかしいからと言って、「そっけない内容」はもったいないことです。

何よりその本質は、「会場の人に聞かせる」というものではなく
ご両親(お世話になった方々)への、「感謝の気持ち」を自分の言葉で述べることです。

この「自分の言葉」という部分が、最も大切なことであり
「教科書通り」の内容にする必要は、本来はないのです。

「いい恰好」ではなく、「伝える」ということを最優先に考えましょう。

そうは言っても、「ここだけはコツだよ」という部分もあり
その中でもやはり「ツカミ」と「シメ」は、工夫した方がいい部分と言えます。

花嫁の手紙は、「本当の気持ちがこもっている」ものであれば
内容に関しては、本来「何でもいい」はずです。

しかし、その中でも「書き出し」と「結び」について
悩んでいる新婦様が多く、実際に「印象」を非常に大きく左右するポイントです。

「ここだけよければ全部いい」という部分でもあり、
「そこを外すと全部・・・」ということも考えられるのです。

というのも、「花嫁の手紙のコーナー」の始まりというのは
いい意味でも、悪い意味でも、「宴会の余韻」を引きずっている時間であり
なかなか新婦の言葉に耳を傾けないことも多いです。

最悪の場合には、「まだまだうるさい」と言える状況です。

「このタイミングで何を言うか」と言うことは
会場にとっても、自分にとっても、「スイッチ」となるのです。

花嫁の手紙の「最高の書き出し」

手紙を読みに際して、ゲストの方々に
「今日集まっていただいたお礼」をすることは
ワンランク上のマナーとしておすすめしますし、
現在では、「当たり前のこと」にもなってきています。

問題はその後です。

ほとんどの場合は、挨拶の後にすぐ

  • お母さんへのパート→お父さんへのパート
  • お父さんへのパート→お母さんへのパート

いずれかのパターンで、進めることが一般的ですが
その前に「前置きとしての文」の内容を、悩んでいる新婦様が多いようです。

一番のおススメは・・・

「感謝」と「感想」です。

一緒に今日ここにいること

花嫁姿を見せられたこと

今日ここに立てるようになるまで育ててくれたことに対し
「2人に対して」まずは「お礼」の気持ちを伝えます。

成人した後に、普段の生活で「素直に」「はっきりと」
「ありがとう」と伝えることは、あまりないと思います。

お母さんへのパート、お父さんへのパート
各結びには、お礼は伝えると思いますが
まずは、お父さん・お母さんではなく
「親」に対するお礼を、しっかりと伝えましょう。

そして更に「結婚できて嬉しい」という、自分の「感想」を伝えましょう。

親にとって「子供の喜びが自分の喜び」です。

娘が「嬉しい」と感じるために、今まで育ててきたはずです。

「~さんの奥さんになれて嬉しい」ということも
「いいフレーズ」には違いありませんが、やはり育ててくれたことによって
「今これだけ嬉しい」ということを、自分の言葉で伝えましょう。

そして、そして更に

「お父さん・お母さんも喜んでくれていれば嬉しい」

という「ワンパンチ」も加えておくことをおススメします。

喜び・感謝・達成感の、乱れ技です。

花嫁の手紙の「最高の結び」

一般的な花嫁の手紙において、締めのフレーズで読む、

  • お父さんお母さんが理想の夫婦です。
  • 私が育ったような家庭を気付きたいと思います。
  • これからもパパとママの娘です。

これらは、今となっては「無難な結び」になってしまいます。

いいフレーズだと思うのですが、「いやらしい」と
あえて、こういった結びにしない新婦様もいます。

やはり、

「お父さんとお母さんの娘に生まれてきて本当によかった」

という言葉は、「親に感謝している」という面で
お子さんを持つゲストに非常に「ウケ」がいいです。

無難、且つ最高のフレーズです。

何よりも、お父さん・お母さんにとって
何よりも・最高に嬉しい言葉だと思います。

それまで泣かなかったお父さんが、嗚咽を漏らし始めるのも
このフレーズが、きっかけになることが多いです。

冷静に考えて読むと、少しいやらしいですが。。。

もう一歩踏み込んだアドバイス

主題と少しずれますが「パパ」「ママ」という呼び方を
手紙の際に呼ぶことは、現在では一般的になっていますが

「どうかと思う」という人もいることが事実です。

特に、「会社関係の人の前で」そう読んでしまうのは
「上司」の方などは、疑問に思うかもしれません。

普段そう読んでいて、いきなり「お父さん」「お母さん」と
呼ぶのは逆に変ですが、パパ・ママとするのであれば

必ず「いつもの呼び方で呼ばしていただきます。」
読む前に了承をいただきましょう。

いろいろ書いてきましたが、正直な気持ちを伝えるためには
やはり小手先のテクニックは、必要のないものだと思います。

本来は、人に聞かせるものではなく
ご両親に伝えることが目的であることを忘れず、
「見栄」等は考えず、「自分の言葉」で書きましょう。



花嫁におすすめの2大シェイプアップアイテム