結婚式はどこにお金をかけるべきなの?増え続ける費用が予算をオーバーしちゃったらどこを削るべき?

結婚式にかけるお金に対して、<シビア>な感覚を持つアップルの増加によって
「結婚式価格」というものが通用しなくなってからしばらく経ちます。

しかし最初から「できるだけ安く」と、総費用の節約にこだわるカップルが多い一方で
「かけるところにはかける」というカップルも増えています。

非常に両極端な時代です。

自分達が結婚式を挙げる際、一番お金をかけたい場所はどこでしょうか?

そう考えることで、かけなくてもいい部分も分かってきます。

「最初に決めた予算」でやりくりすることが、
トラブルの少ない、結婚式準備の秘訣でもあります。

そして、着眼点を改めることによって

  • 実はそれほどの費用ではなかった
  • 実はもったいないことをしていた

この隠れた2つの要素が現れるてくるものでもあります。

ドレスやブーケの価格は、全体から見れば高い部類には入りません。
(もちろん、小さいものの積み重ねが総費用に反映します。)

金額全体で考えれば、料理・ドリンク代がほとんどを占めるはずです。

しかしご祝儀をいただくゲストの方々のためにも、ここをケチるのはおすすめしません。

かといって、一番高いコースは合計額が大幅に上がることは否めません。

料理のコースは、他のオプションの値段の合計額を考え
自分達の負担とゲストの負担で、折り合いの付くものを選びましょう。

とにかく「相談しやすい結婚式場」を選ぶことが大切

お金のバランスを考える際、オプションを増やしたり減らしたりできる
「融通のきく会場」であることが前提になります。

固定費がすでに高い会場や、オプションが固定されている会場では
なかなか絶妙に削って、絶妙にプラスするというこが難しくなります。

会場見学の際、案内役のプランナーにそのあたりのことを探ってみましょう。

正直に、隠すことなく、説明してくれる会場が第一条件です。

自分達が「どこにお金をかけてもいい」と思っているのか
どこに「こだわらなくていい」と考えているのか整理してみましょう。

また、それらをしっかりと伝えることができる会場を選び
プランナーとの関係を作っていくことも大切です。

>>まずはブライダルフェア・会場見学に行ってみる

そして徐々に増え続け心配になってくる「総額」

会場も決まり、張り切って本格的な準備を始めたはいいけど・・・

増え続ける費用に、心配になってきた・・・

結婚式を挙げるカップルは、必ず通る道として広く知られている問題も
いざ自分達の番となると、日に日に不安は大きくなるものです。

「予算が無限にある」というカップルを除き、
予算の問題は、何よりも大きなものに違いありません。

もちろん何に・どんな部分の費用に悩んでいるかは、カップルによって異なるものですが
その悩みの内容というのは、基本的には「予算オーバー」であり
加えて、「ちょっといき過ぎたかな?」という金銭感覚のものと思われます。

結婚式に準備の過程では、今まで気づかなかった相手の価値観
その中でも特に金銭感覚を、改めて目にすることになります。

これかから先、共に人生を送る2人にとっては必要な機会と言えますが
必要以上のトラブルは避けるべきであり、「よりより判断」をするしかありません。

なぜ当初の「予想」を超えてしまったのか?

まだ結婚式場を決定していないカップルや、
決めようとしているカップルの方々に参考にして欲しいこととして・・・

【相場は?】結婚式の総費用の平均はどれくらい?

以上の記事でも紹介している通り、現代の結婚式において
基本的に「準備の前」の段階で、おおよその総費用が分かるようになっています。

その総費用を踏まえて、会場を決めるカップルも多いはずです。

もちろん、結婚式においては「予算は少しオーバーするのが普通」であり
ある程度の予算オーバーというのは、ある程度覚悟しているカップルも多いはずです。

自然と「予算オーバー」となってしまう傾向にある結婚式ですが
「当初の予定」を、過剰に超えてしまったカップルというのは
どこかで「最初とは異なるオプション」を追加してしまった結果
当初の金額を超えてしまい、焦っているケースも少なくありません。

総費用の平均値といったものが、すでに出ているため
「かけすぎているのか?」という点は、カップルごとの金銭事情・感覚と言えます。

お互いの価値観をすり合わせて妥協点を探る

上記した通り、当初の予算をオーバーしてしまっているケースというのは
その後の準備・打ち合わせの過程で、「やっぱりこっちがいい!」といった
アイテム・オプションの変更があった、というものがほとんどです。

その場合には、妥協するのか?頑張るのか?という点を
2人でじっくりと話し合って、ベストな判断を下すしかありません。

こういったことを踏まえて、最初に作る「共通したイメージ」が非常に重要なのです。

そして共通したイメージを作るためには、価値観合っている必要があります。

「どうしても諦められない」といった場合には、

  • 値切る
  • サービスしてもらう

といった、時には「押し」も必要と言えますが
あまり過剰な「我儘」といったものは、逆にサービスの低下を招きます。

ぜひ、注意して交渉を進めましょう。

もう一度「優先順位」を確認してみる

「妥協点が大事」といった、当たり前のことを述べましたが
そもそも結婚式は、自分達だけのもの・1日ではありません。

ゲストあっての結婚式です。

当サイトでは繰り返し述べて解説していますが、ゲストの満足度を蔑ろにして
自分達の満足度だけを上げるのは、決してあってはならないことです。

あらゆる場面で、「自分達よりもゲスト」と考える癖をつけましょう。

もっといいアルバムが欲しいから・・・料理のランクを下げよう・・・

そういった考えではなく、ゲストが食べる料理のために我慢する!感覚が大切です。

一般的な結婚式の場合、予算と内容の関連性は非常に高くなります。

<かけすぎている>ということが問題だけでなく、
真逆の<節約し過ぎている>という場合も、結局は同じことなのです。

※参考記事:ゲストの満足度を上げるために必要なこと


本当に削るべき部分とは

結婚式は、日々の生活の中では考えられないお金が動き
時に感覚がマヒしてしまい、気付いた時には・・・
予定していた「予算」の額よりも、膨らんでしまっていることも珍しくありません。

一般的な平均値は「350万円前後」となっていますが
ちょっとしたことで、前後する事情もあり
内容・オプションによっては簡単にオーバーしてしまいます。

「聞いていた額と違う」というトラブルが、多発していた時代もあり
事前の金額のレンジを明記している会場も多いですが
それでも「思っていたよりかかっちゃう」ことは、ほとんどのカップルに見られる現象です。

そして、ここからが「結婚式の準備の本番」でもあります。

予算をオーバーしてしまった際の解決策として
最も単純なことが「予算を増やす」ことです。

そうは言っても、なかなか難しいことです。

ということは、もう削っていくしかありません。

まずは、

  • 優先して削るべきところ(削ってもいいと思う部分)
  • 削ってはいけないところ(削りたくない部分)

この2つを整理していきましょう。

「後腐れ」ないように、必ず「2人での」添削を心がけます。

まず削るべき部分

たとえ、2人のためのお祝い事だとしても
まずは「新郎新婦」が、犠牲になることが必要です。

「ドレス」や「装飾品」といった、ある種自己満足な部分です。

これは当然のこととして、理解しているカップルも多いと思います。

しかしながら、

それでも、削れる額が少ないとことが現実でもある・・・

「人数分かかるお金」を見直す

結婚式に組み込むオプションの中には、

  • ドレス
  • メイク
  • アルバム商品
  • ビデオ商品

といった、「1つのもの」に支払うものと
式・披露宴の参加人数に応じて、支払うものがあります。

「ある程度大きな額」を削るためには、
どうしても、この部分にメスを入れる必要があります。

  • 料理
  • ドリンク
  • テーブルナプキン

これらは、参加人数が多いほど総額が高くなるものであり

参加人数が多いほど、削れる総額も多くなるものになります。

可能な限り「ゲストの満足度」が犠牲になることがないように

繰り返しになりますが、ゲストの方々あっての結婚式であり
参加人数が多いほど「ご祝儀」が大きくなる現実もあります。

そして、多くのゲストの方々が
ご祝儀=「ねぎらい」+「料理代」と考えています。

そのため「料理」の料金を削る、ランクを下げるというのは
まず除外すべき、削る対象になります。

料理以外のオプションを削ることを優先しましょう。

更に<ケチっている>と思われない(バレない)部分に注目します。

おすすめポイント「キャンドルサービス」

まず、削る対象として考えられることに
「キャンドルサービス」を、別の演出に変えるというものがあります。

再入場の代名詞ともなっている、キャンドルサービスですが
席の数「卓数」が多いほど、金額が上がります。

この部分を「各卓撮影」といったものに変えたり
別の演出を選ぶことも効果的です。

これは、スナップ会社にもよりますが
追加料金がかからないことがほとんどであり

「全てのゲストと必ず一緒に撮れる」メリットもあります。

どうしてもキャンドルサービスをやりたい場合、また他の演出に変える場合も
<卓数を減らす>ことでトータルの金額を減らす、という節約方法もあります。

「分けていた席」を合体させるのです。

「デザート」は「ケーキのみ」に

料理に関わることであり、本来「タブー」ではありますが
コースのデザートをカットし、披露宴前半でカットした
「ケーキのみ」のコースにすることも効果的です。

披露宴を見ていて思うのは「デザートを残す人が多い」

ことであり、女性に関しても意外と残します。

というのも「2時間」かけて食事する機会は
日常的にはあまりなく、お腹一杯になってしまうようです。

また「主賓級」の「おじさん」は、甘いものが苦手なことも多く
「ないことによる不満」が最も少ない料理内容が「デザート」になります。

味わえるのは「前半の料理だけ」ということも現実です。

コース内容をアレンジできる会場も多いので
早い段階で、一度相談してみることをおススメします。

「相談」はおすすめしないことも・・・

結婚式の準備を進めるうえで、結婚式を経験した親しい友達に
いろいろと相談することが、増えると思いますが
お金に関することを相談することは、あまりおすすめしません。

そういったことは、どこかで必ず「漏れる」ことであり
他の出席者が金銭的な内容を知ってしまったりすることでトラブルが起きたり
相談した友達との、今後の関係にも影響することがあるためです。

相談するのであれば、兄弟・親戚にしておきましょう。



花嫁におすすめの2大シェイプアップアイテム