結婚式のゲストはどこからどこまで呼べばいい?主賓の挨拶は誰に頼むのが適切?

結婚式に呼ぶゲストは、どこからどこまでの範囲にするのか
非常に悩ましい問題の1つになりますが、結論は単純です。

「呼びたい人を呼ぶ」

これに尽きます。

「そんなことは分かってる!」

という言葉が聞こえてきそうですが・・・

1つルールを挙げるとすれば、「新郎側」と「新婦側」のゲストの数
そして「区分(会社関係・友人)」の割合・数が、ほぼ同じである方が「望ましい」です。

「堅苦しさ」を避ける傾向はゲストの内容にも見られる

ゲストを分ける際の区分自体は、複雑なものではなく

  1. 会社関係
  2. 友人関係
  3. 親族

という、まずは「だいたい」で分けます。

「親族」に関しては、人数が極端に違ってしまうことも
場合によっては、仕方が無いことと言えますが
「親等をどこまで呼ぶか」に関しては、なるべく合わせた方がいいと思います。

新郎新婦ではなく、親族同士で

「あっちは、あそこまで来てる(呼んでる)」

ということを、気にする年代・地方もあるようです。

これは、ご両親と必ず相談すべき内容になります。

また、会社関係の中では

  • 上司
  • 先輩
  • 同僚
  • 後輩

と分けられますが、基本的に「後輩」で調整しましょう。

会社区分に関しては「後々」の「シビア」な関係もあります。

「あんまり呼びたくないけど・・・仕方が無い」や、
「ホントは呼びたいけど・・・御免」ということはしたくないという事情から
厳選して呼ぶことが、昨今の主流になっています。

これは逆に<呼ぶ>場合には、全員呼ぶケースもあります。

一昔前なら、会社の方を「最優先」にすることも多かったですが
現在ではむしろ「友人」優先で、会社関係は「上司のみ」も見受けられます。

いずれにしても、「プライベート感」が流行りになっています。

「友人枠」を優先するカップルが増えている

そして、最も悩む区分が友人のはずです。

しかし、選ぶ際の基準として

  • 小学校
  • 中学校
  • 高校
  • 大学

という「時期」の中から厳選するよりも、「本当に仲がよかった人」を呼びましょう。

  • 「幼馴染」が全く居ない
  • 大学時代の友人が全く居ない

ということも、今は珍しくありません。

ただ「1人ぼっち」になる人がいないように気遣いましょう。

「呼ばれなかった人」はどう思うのか?について

ゲストの<呼ぶ・呼ばない>を考える際に、最も気になる部分が
「呼ばれなかった人がどう思うか?」だと思います。

「二次会」を予定しているのであれば
「二次会には」声をかける、ということができ

「一次会は、人数がシビアなんだよね・・・」

ということを伝える機会がありますが
二次会の予定がない場合は、後で参加した人から
話を聞いたりすると「え?」となるかもしれません。

そういった場合でも、1つの「仲良し区分」の中で
「その人だけ呼ばない」ということを避ければ
「仲間はずれ感」はなくなるはずです。

要は、呼ばないのであれば

「セットで呼ばない」

ということであり、何となく納得しやすいはずです。

「呼んでくれた人」は当然優先する

友人枠で<抜粋>する際には

「自分が結婚式に呼ばれた人は優先して呼ぶ」

これは言うまでもないことと思います。

もし「近親者だけ」の少人数結婚式だったとしても
食事会等を設け、個別に相手を紹介する機会は作りましょう。

最近の結婚式は、人数や区分にはこだわらないことも
事実ではありますが、やはり「後腐れ」ないことが一番です。

それほど「大きなコーナー」ではなくなってきている「主賓挨拶」




結婚式の披露宴に付き物なのが「主賓挨拶」「スピーチ」です。

そして、このゲストの問題に大きく関わるものでもあります。

主賓挨拶は、「偉い人」がマイクを前にしてお話をするという
結婚式にとって、「お馴染みのシーン」なのですが
これを任せるのは誰にするのか・どんな話をされるのかによって
その後の披露宴の雰囲気や、進行が変わってきてしまうものです。

一般的な披露宴前半の流れとしては、

新郎新婦が入場し、新郎が挨拶

新郎側主賓挨拶→新婦側主賓挨拶→(乾杯⇔ケーキ)

となるのが、「今までの一般的な慣例」でした。

もし、新婦側に主賓がいない場合は
親戚のおじさんが、「幼い頃の思い出」を語るというのもよくありました。

新郎新婦両方とも、「バランスよく」ということが
従来は考えられていましたが、現在ではあまり細かいことは気にせず

  • 新郎側主賓挨拶→新婦側主賓乾杯
  • 新郎側主賓挨拶×2→新郎新婦のキューピット挨拶兼乾杯

など、「バランスが悪くても気にしない」カップルが増えています。

新郎の仕事の関係上、

新郎側主賓3人→新婦側主賓1人→新郎側乾杯という例もありました。

また、ケーキ⇒乾杯の流れが終った後に
新郎側・新婦側1人ずつ挨拶ではなく、スピーチをすることもあります。

お願いする相手というのは、「基本的に誰でもいい」のですが
ほとんどの場合、お呼びした会社関係の方の一番序列が高い人に
「主賓挨拶」「乾杯」のどちらかをしていただきます。

特に管理職になる年齢の方たちは、挨拶の順序等を
未だに<気にする>場合もあります。(会社の風土によってまちまちです)

結婚式の主賓挨拶とはどんな内容であるべきなのか?

基本的には、挨拶の中では新郎・新婦のことを褒めます。

「普段褒められたことが無い」

という新郎様でも、褒められていました。

流石に上司となる人は、慣れているようです。

実際には、内容を矯正するわけにいかないものであり
また上司になるような人であれば、ある程度はわきまえているはずです。

ただ人選の際に、1つだけ注意すべきこととして
主賓挨拶で一番避けたい事態は、「話が長い」ということです。

披露宴は「通常2時間30分」の会場が多く、時間が限られています。

何よりも乾杯・前菜前の段階で、ゲストの方々は喉が渇きお腹がすいています。

挨拶を頂く方には、「5分前後で」ということを必ず伝えましょう。

また言ってはいけないことや、極端に下品なことをつい言ってしまう方もいます。

余興であれば、違う人を選べますが
主賓に値する人がその人以外にいない場合には、変えることができません。

中にはご挨拶を下さる方と一緒に、内容を考えるという方もいらっしゃいました。

何か言われたくないことがあったりした場合や
喋り始めると調子に乗ってしまう人には、念押しをしておいてもいいと思います。






花嫁におすすめの2大シェイプアップアイテム