「結婚式の予算」はご祝儀も含めて考えていいの?~自分達の準備は「夫婦別会計」でするべき!?~

「結婚式」とは、国・地域によって様々な特徴のある非常に文化的な「儀式」です。

と言うと、非常に大げさに聞こえてしまいますが
要は、「結婚式を挙げる2人」が属する文化によって

結婚式が持つ

  • 意味
  • 成り立ち
  • システム

といったものが、大きく変わります。

そして、こと日本で言えば、

結婚式は、家族と家族の「つながり(る)」という意味合いが強い一方で
「イベント」として、「エンターテイメント」として捉えられている傾向があります。

婚礼にまつわry儀式的な催しは、「挙式」と呼ばれますが
実際には、その儀式の「意味」よりも

  • 教会の外観・内装
  • ドレス
  • 演出

といった要素に関して、よりこだわりを持つカップルも多いことが事実です。

そもそもキリスト教ではない人が、教会式を挙げるのは
客観的・冷静に考えた場合に、非常に「変」であると言えます・・・

そして、挙式が終わった後には「披露宴」が催されることが一般的であり
むしろそちらが「、本番」と考えられている傾向も見られます。

やはり儀式的な意味合いよりは、「楽しむ」ということが重要であり
それはそれで、「日本の結婚式」として定着しているものでもあります。

長く受け継がれたマナー・しきたりを守りつつ、楽しめる

宗教的・階級的な影響が少ない(他国に比べ)ことで、誰もが挙げやすい

といったことが、日本における結婚式の特徴であり
また「ブライダル産業」というものが成り立つ理由と言えます。

結婚式にまつわるお金のシステムは「独特の文化」

そして、最も日本の結婚式を象徴する慣習に「ご祝儀」があります。

日本の結婚式は、いわゆる「カンパ」で成り立っています。

「誰もが挙げやすい」ことの最大の理由であり、不可欠なものです。

このご祝儀のシステムに関しても、賛否両論があるものですが・・・

  • 日本の結婚式はお金がかかる
  • お金がかかるからカンパが必要

といったことから、多くのカップルが
長い間「当たり前のもの」として、利用してきたシステムです。

ちなみに外国に関しては、ゲスト1人1人が現金を包むのではなく
両親・親族から、多めにカンパしてもらうことが多いようです。

ご祝儀制度はあっても、日本のように「相場」が決まっていない国も多いようです。

「家族のことだから」という意識が強いことが、理由と考えられます。
(何よりも慣習が影響することは万国共通であり、また地域によっても差があります。)

また現金ではなく、「プレゼント」を送る慣習がある国が多いようですが
現代は「プレゼントよりも、お金が欲しい」というカップルが多いようです。

日本は進んでいた?のかもしれません・・・

「結婚費用」や「予算」とはどこからどこまでで考えるべきなのか?

以上、

長々と「日本の結婚式における、お金に関するシステムの内容」を紹介しましたが
ご祝儀を含めて、結婚式を挙げる際には「予算」というものが非常に重要になります。

この予算を、準備を始める前(式場選びの段階)で明確にしておくことが
結婚式の準備で「揉めない」ために必要であることは、当サイトでは繰り返し解説しています。

そしてこの予算には、「ご祝儀が加わる」ということが一般的な感覚であり
ある程度もらえる金額を予想したうえで、計算をしていたことも事実ですが・・・

昨今の結婚式事情を見ると、やや変化が見られます。

「明朗会計」や「合理性」が求められている時代

結婚式における、お金によりとりは「そんなもん」と考えられていた時代が続きました。

「結婚式はお金がかかる」その理由は、「いちいち金額が発生する」ためであり
当初の予算をオーバーしてしまうことは珍しくなく、そうなった際の話し合いも非常に重要です。

しかしながら、

なぜこんなに高いのか理解できない

よくわからない金額が乗っている

でも、何となく払ってしまった・・・という時代があり・・・

そういった時代がいつまでも続くわけもなく・・・

「高くない!?」

「意味分からない!!」

といったことから、より「明朗会計」が求められました。

当然のことと思います。

そして昨今では、より無駄をなくした「パック制」や「定額制」が取り入れられ
更にご祝儀というかたちではなく、「会費」という形で徴収するパーティーも増えています。

※参考記事
結婚式の総費用の平均はどれくらい?~「赤字」と「黒字」について~

コスパの高い結婚式を挙げるなら「ハナユメ-Hanayume-」がおすすめ

つまり、ご祝儀という不確定なものではなく
総額は少なくなるかもしれないけど、明確なものが好まれるようになったのです。

「自分のことは自分」でという考え方のカップルも増えている

そしてその流れというのは、新郎と新婦の間でも目立ってきています。

結婚式とは、

2人で強力して

ゲストみんなで作り上げる

といったことが前提ですが、その他の面で、あらゆる準備も含めて
<可能な限り、自分のことは、自分ので>という考えになってきています。

例として、

「ブライダルエステ」や「脱毛エステ」といったものが、
結婚費用(2人のお金・ご祝儀を合わせた金額)に含まれるか否かはカップル次第ですが
特に女性の場合は、「ここぞ」という時のためのへそくりを使う方や
また「ローン」といったものを組んで、エステに通う方も珍しくありません。

従来であれば、「ご祝儀で何とかする」ということが頭に浮かんだり
「彼におねだりしてみようかな・・・」という女性は、少なくはなかったはずです。

「自分で払えばいいんでしょ!」という考え

「お互いに協力する」という考え

どとらが正しいとは言えないことです。

しかし昨今では、より「自分の願望は自分で叶える」という傾向が見られるようになり
それは儀式といったものからは、離れてしまった日本にとって
好ましいものであると、考えられるのではないでしょうか?

努力する姿勢はトラブルを防ぐ

「可能な限り自分で頑張った」と言える状況にすることで、
パートナーからも、またゲストからも、「マイナスな評価」が減ります。

それは、みんな「自分のお金がどう使われたのか?」を非常に気にするためです。

「コスパ」を重要視するのは、自分だけではないのです。

努力した分、前向きに準備・参加してくれる人が増えるはずであり
何より、自分が感じることができる満足感も高くなるはずです。