式場探しから結婚式当日までの準備をお任せできる会社や会場はある?~手間や負担を最小限にして結婚式を挙げる方法~

「やる(挙げる)気はあるけど、時間がない」

共働きが当たり前の環境となった現代では、そういったカップルは増えています。

最初に結論を申し上げれば、結婚式の準備に関しては「全て丸投げ」ということはできません。

また結婚式とは、「出席してくださるゲスト」がいて成り立つものであり
そういった方に対する誠意を現わすためにも、当日だけでなく準備段階も万全を尽くすべきです。

しかしながら、もちろん”全て”とは考えていなくとも
”できるだけ楽に”という、考えを持っているカップルは多いはずであり
可能な限り効率的に、また負担を少なくすることは非常に重要なことでもあります。

とは言っても、

現代の結婚式を挙げるための準備は、昔に比べればはるかに楽になっています。

「マニュアル」とも言うべき、

  • 必要なもの
  • 準備するもの
  • それらにかかる労力

といったものは、すでに十分に把握できる環境でもあります。

”何がしたいか?という希望を叶えるための、最短の準備方法は確率しています。

しかし、それでも難しい・なかなか進めることができないことは珍くはなく
より簡単に済ませるため手段として、<任せる>という手段はあるにはある時代です。

「打ち合わせ」や<やりとり>を最低限に抑えた結婚式の挙げ方

一般的な結婚式の準備は、式場(会場)を決定した後に
担当ウェディングプランナーとの、<やりとり>によって進んでいきます。

もちろん、電話・メールによって進めることもできることですが
本来であれば、その会場に通うことで”面と向かった”話し合いが必要です。

自分達の希望を伝え、そのために必要なアイテム・オプションを提案してもらい
それらを販売・レンタルしている、式場の提携業者を紹介してもらうことになります。

1つの内容(当日のコーナー)を決めるためには、

  1. プランナーへの相談
  2. 業者の紹介
  3. 業者とのやりとり

といった、主に3段階に過程が分かれることになります。

このやりとりが分かれてしまうことこそが、
「なかなか準備が進まない問題」が起きてしまう、最も大きな原因と言えます。

多くのケースでは、3番目の各業者とのやりとりが
「つまずくポイント」となり、それはやりとりをする業者が複数あり

  • お花屋さん
  • ペーパーアイテム屋さん
  • 写真屋さん

とそれぞれに相手が異なり、「どれがどこまで進んでいるのか?」という
進行状況を把握することさえも、なかなか難しいものとなってしまいます。

悪い言い方をすれば、この”めんどくささ”となってしまうものは
「お金(費用)」と共に、結婚式における典型的な問題でもありました。

結婚式の準備期間の長さはどのくらいが適切?~式場と日取りを決めるタイミングはいつごろがいいの?~

ある程度<お任せ>ができる「プロデュース会社」

この問題を、できるだけ軽減することができる手段としては
「プロデュース会社」と呼ばれる、結婚式を(ほぼ)丸々作り上げてくれる
専門の会社を利用することが、1つの確立された方法として存在します。

準備が楽になると共に、費用が抑えられる点も特徴であり
そもそもは、「格安結婚式」を提供することを目的とした会社が多いことが特徴です。

そして、その<リーズナブルに済ませる>ための手段そのものが
準備を楽にすることにつながっており、結婚式の準備の効率化を実現しているのです。

「コンセプト」を伝えてセッティングしてもらう

(格安)結婚式プロデュース会社を利用する際の、その仕組みとしては
自分達が「最低限必要としているもの」と、「欲しいもの」をリクエストし
予算の中でできる限りの内容を実現してくれる会社、というものが簡単な内容説明になります。

上で挙げた、従来の準備の過程である

  • プランナーと自分達
  • 自分達と専門業者

という段階に分かれているプロセスが、「プランナーと業者」で済む点も特徴であり
結婚式の準備の負担を軽減させたいカップルにとっては、大きなポイントと言えるはずです。

「求めていたものと違う」というデメリットが起きやすい

ただし、このプロデュース会社を利用する際のデメリットとして
特に多くの内容を任せてしまうことで起きやすい問題として
「ある程度型にはまった内容」となってしまうことが挙げられます。

もちろん、それでもいい・その方がいいというカップルもいますが
「イメージと違う」ということが、起こりやすいということには注意すべきです。

後悔しない結婚式を挙げるための秘訣~後悔してしまった例からも学ぶ~

「シンプル」にすることで”お得”になるメリットも

準備が大変・・・

でも、自分達の希望をできるだけ叶えたい・・・

なるべく楽して、満足度を挙げたい・・・

ある意味で、”都合のいい希望”というのは多くのカップルが持っているものであり
そういった考えと、現実との「バランス」をとりやすい会社も現れ始めています。

そもそも、「めちゃくちゃ格安でなくてもいい」という場合には
格安プロデュース会社を使う必要はなく、より内容の自由度が上がる
「ハナユメ-Hanayume-」といった、仲介サービスを利用することもおすすめです。

”格安”とまではいかないまでも、リーズナブルに抑えることができること

  • パック制
  • 定額制

といった、ある程度の制約を設けた設定ができるからこそ
その中で内容が決めやすいこと、”選択肢が多すぎない”ということがメリットと言えます。

”めんどくさくならない”ような進め方が必要

冒頭で挙げた通り、結婚式の準備は”ゲストのため”に行うものです。

そんなことは分かっている・・・それでも、めんどくさくなってしまう

それもまた、当然のことでもあります。

めんどくさいものは、めんどくさいものであり、それを解決するためには

最初からめんどくさくない

もしくは、

めんどくさくならない

いずれかの手段を、工夫して実践することが必要です。

結婚式とは、今までお世話になった方々に感謝を伝える場でもあり
同時に、「夫婦として取り組む初めての(ある程度大変な)共同作業」でもあります。

乗り越えること、それそのものに価値があるはずです。



花嫁におすすめの2大シェイプアップアイテム