「ブライダルフェアデート」は重い?そんなことはない!~気軽に参加するための方法~

デートでブライダルフェアに行くのは重いのか?

と悩んでいるカップル(のどちらか)の方へ

まだ結婚(入籍)が決まっていないのであれば、ちょっと重いです。

しかし結婚が決まっているのであれば、そんなことはないはずです。

「重いかどうか?」と悩んでいるのは、

結婚(入籍)は決まっているけど、結婚式を挙げるかどうかは決めていない

というケースだと思われます。

そしてそういった場合にこそ、相手を<説得>するために
「ブライダルフェアデート」をすることが、おすすめなのです。

その際に大切なのは、”いかに気楽なものとなるか”です。

「ブライダルフェア」とは、基本的には”本気で結婚式場を探している”というカップルが
自分達が挙げる候補としている結婚式場で開かれるものに、参加することが一般的です。

しかしながら、そういった「本気の検討段階」に欠かせない要素であることも確かですが
まだ気楽な段階における”デートの一部”として利用することもおすすめなのです。

またお互いに行きたいと思っていても、ブライダルフェアに対して”構えてしまう”というカップルは
「そこで決めるように、勧誘されるのでは?」という心配もあると思います。

しかしながら、昨今のブライダルフェアというのは
非常に気軽に参加できる、堅苦しくないものも増えており
気楽なデートとして参加しているカップルが多いことは、式場側も分かっています。

過剰に心配する必要はありませえん。

無理な・しつこい勧誘があれば、その結婚式場はやめておきましょう。

一方で式場を決めるための”決定打”として、実際に<目で見て>判断することは欠かせません。

最も式場の「ポテンシャル」を見ることができるイベントこそが、ブライダルフェアであり
自分達の結婚式当日が”どんな感じ”になるのか、想像するための一番いい機会です。

当日に近い形・会場セッティングでの

  • 模擬式
  • 模擬披露宴
  • 試食会

といった、ゲスト目線でのパーティーを見ることができる機会でもあります。

また、今後「パートナー」となるかもしれない存在である
ウェディングプランナーの「質」や「雰囲気」を感じるチャンスでもあります。

何気ないデートであっても、しっかりチェックすることも大切です。

そこが「運命の式場」の可能性があるのです。

デートでブライダルフェアを訪れる際のコツ

デートの一部として訪れる際に、「何を目的にするか」ですが・・・

やはり何と言っても、そのメインは「食事(料理)」にすべきと言えます。

基本的に、無料です。

食事の提供に関しては、

  • メイン
  • デザート

以上の2種類が一般的であり、数種のコースから少しずつ提供されることもあります。

「フルコース」で提供するケースは非常に稀ですが、ないわけではありません。

ぜひ<やりすぎ>を控えて、様々な会場のごはんを楽しんでください。

また料理を楽しむという点では、やはり「レストラン会場」が美味しいに決まっています。

実際に、「レストランウェディング」はおすすめなので
ぜひどこか1軒は、レストラン会場を検討してみましょう。

そして、食事を楽しむ際には

  • デートの「お昼ご飯」の時間(夜に行うフェアもありますが、昼がおすすめです。)
  • デザートを楽しむ「カフェ感覚」での利用

どちらにするか、「デートプラン」によって決めましょう。

「料理」というのは、「披露宴のキモ」となる要素です。

「ただで食べられてラッキー!」ではなく、ぜひ真剣に味わって欲しいと思います。

また、デートプランの一部としてブライダルフェアを訪れる際には
あまりに”本気”で物色するのではなく、「ウィンドウショッピング」の感覚に留めましょう。

真剣に見学することも、もちろん大切なことですが
どりらかがあまりに真剣では、「そこまでのはずでは・・・」となりがちです。

毎週催している式場も

カップルにとってハードルの高い?存在であったブライダルフェアが
どうして気楽に参加できるようになったのか?と言えば、頻繁に催す式場が増えたためです。

従来において、大規模なブライダルフェアというのは基本的に「冬」と「夏」の2回であり
それを逃してしまうと、式場にとっても、カップルにとっても
「リアルを知ってもらう(知る)」チャンスがなくなってしまうものでした。

だからこそ、互いに一度のブライダルフェアに気合いが入っていました。

しかしながら、昨今では小規模・中規模を含め開催回数自体が増えている傾向があります。

非常に簡単に予約できる時代でもあり、面と向かった契約も不要です。

※参考記事:「ゼクシィ」でブライダルフェア・会場見学を簡単に予約する方法

混んでいる時期は避ける

にぎやかな雰囲気もいいものですが、なるべくなら混んでいない時期にしましょう。

デート感覚ではなく、本気で見学に訪れているカップルもいます。

  • GW(ゴールデンウィーク)
  • 正月明け
  • お盆明け

といった時期は、大規模なブライダルフェアが多く
参加するカップルが多いため、窮屈・せわしなく感じるものです。

ブライダルフェアは、基本的に結婚式を挙げるカップルが少ない
「暇な時期」に開かれることが多く、

  • 1~2月
  • 7~8月

寒い・熱い・日本特有の行事(お正月・お盆等)の時期というのは盛況になります。

とは言っても、

「行きたい時に行く」ことも、デートの一部として気楽に訪れる際には必要なことであり
また<行ってみたい結婚式場を探す>ことが、この過程における大切な要素でもあります。

質問がしやすいチャンスのタイミング

初めて訪れる会場では、案内のスタッフと一緒に大まかに会場を見学した後に
自分達が気になる・特に見てみたい部分を、2人だけで見てみましょう。

結婚式には、様々な会社が関わっていることが分かります。

その時が、気になることを質問する絶好のチャンスです。

「節度」をわきまえつつも・・・

遠慮なく、聞きたいことを聞きましょう。

  • ロケーションにこだわる場合、当日雨が降ったらどうするのか
  • 料理やドリンクのアレンジは、どの程度融通が利くのか
  • 「持込み」や「変更」に関して「持ち込み料」「キャンセル料」はあるのか

「後からでは聞き辛いこと」を優先して、突っ込んで聞いてみましょう。

※参考記事:結婚式の相談カウンターの使い方とブライダルフェア活用のコツ

検討段階で可能な限り沢山の式場を見てみる

そして、これは”これから先”の話にはなりますが
結婚式場を選ぶ際に、最も大切なことが「最初から1つに絞らない」ということです。

”思い入れ”はとても重要な要素になりますが、時には冷静に判断することも必要になります。

最低でも3つは候補となる式場を用意しておき、
実際に見て・比較する、というプロセスが非常に大切になります。

一度”デート気分”で訪れた会場も、”本気”になったら<本気で>再度見学してみましょう。

なんと言っても、「一生に一度」です。

決して安易に決定しないように気をつけましょう。

「仲介」の選択肢が豊富な時代

また、会場見学・ブライダルフェアへ参加するための
”仲介”サービスを提供している会社が、近年急激に増えてきています。

以前であれば、”ほぼゼクシィで”という環境でしたが
現在では、様々なカラーを打ち出したサービス会社が存在しており
それぞれ「得意なシチュエーション」や「割引サービス」に違いがあります。

ぜひ気楽に相談に訪れ、「納得できる会社」で決めてみてください。



花嫁におすすめの2大シェイプアップアイテム