UP済:【産む前と産んだ後はどっちがいいの?】できちゃった結婚・おめでた婚の挙げ方~妊娠中に準備を進める際の注意点~

嬉しい出来事である反面、不安や心配が増えるイベントは人生において様々ありますが
その中でも「妊娠」というイベントは喜びが大きな一方で、特に心配事が増えるタイミングです。

まず最初に、今時「できちゃった結婚」は全く珍しいものではありません。

結婚までに時間がかかるカップルが増えている傾向があり、
また授かったこと自体が、入籍のきっかけとなっているカップルも多いようです。

その結果、”妊娠した状態”で式を挙げるカップルが年々増加しており
現代においては、「授かり婚」と呼ばれることが一般的です。

結婚式の日に、お腹に赤ちゃんがいるということであれば
入籍した後・結婚式準備中に、妊娠が発覚するパターンも含まれます。

その割合は非常に多く、5組に1組はお腹に赤ちゃんがいるのでは?というくらいです。

全く珍しいものではありません。

妊娠・出産j自体そう何度もない経験であり、それが「生涯一度」とでも言うべき
結婚式に重なった場合には、いろいろな意味でより神経を使うものでもあります。

言うまでなく、その際に最も注意すべきは「母子の健康」になりますが
ここでは結婚式における様々なシーンにおいて、意識して欲しいアドバイスを紹介します。

「挙げたい気持ち」があるなら「生まれる前」がおすすめ

授かり婚の話題において、
「生まれる前と後ではどちらがいいのか?」という疑問は、
典型的な、そして大切なポイントでもあります。

そして、その答えとしては・・・

「挙げたい!」という明確な気持ちがあるのであれば
「生まれる前」に挙げることを、おすすめします。

その理由として、

「生まれて、落ち着いてから」というカップルというのは
そのまま挙げられない・・・というパターンが多いためです。

最初は簡単に考えていても、実際に生んでみると「1年以上」は基本的に無理であり
なんだかんだと、”落ち着く”というタイミングは難しいものです。

”可能であれば”出産の前に挙げる方が、結婚式を実現しやすいと言えます。

もちろん、母子の健康が何よりも大切なことであり
安定期を過ぎた「6ヶ月前後」に挙げることができることが望ましいです。

授かり婚の挙げ方

結婚準備中に授かった場合には、「頑張るしかない!」
辛い時期があっても、成功につながるように前に進むしかありません。

喜びの中、より準備がはかどるカップルも多いようです。

一方で、赤ちゃんを授かったことをきっかけとして入籍したカップル
尚且つ結婚式を挙げたい、というカップルは「タイミング」や「準備」を
改めて・急いで考えなくてはならなく、大変な面がより多いと言えます。

しかしそれでも、”生まれる前に挙げた方がいい”理由として

「生まれた後は、何かと忙しくタイミングを逃してしまう」

ということに尽きますが、これには「金銭面」も大きく関わります。

どうしても「時間」と「予算」が限られてしまう

「今後の3人での新生活」のことを考えた際に、予算を組むことが難しい場合も多く
また生まれる前に挙げるとなると、”時間がない”ということが最も大きな問題です。

こういった、「早く」「安く」を求めている格安ウェディングの利用は
授かり婚に関係なく急増しており、抵抗が無くなってきているようです。

もちろん、内容に関してはあまり大掛かりなものはできないと思いましょう。

体調面や、準備期間を考えると仕方がないことです。

ゲストの方にとっても、急の場合は都合をつけることが難しいため
理解して、少人数で行うこともおすすめです。

※参考記事:【形だけでも結婚式を挙げたい】というカップルにおすすめの「小さな結婚式」

「生まれたから挙げよう」と考えていても
出産・育児の過程で、予想していなかった出費が増え
結婚式の予算にも、手を付けてしまうケースも多いです。

かと言って、出産前に無計画・思い切りで挙げることにも注意しなければなりません。

ただし出産前に挙げてしまう方が、結果的に”ちゃんと節約”して挙げやすいのです。

より慎重になれるためです。

その代わり様々な面で準備が大変であり、且つタイムリミットがあることには変わりありません。

最近では、

  • 準備期間の短縮
  • 結婚費用の節約

といった、おめでた婚のカップルにこそ相応しいウェディングプランも増えてきています。

また「会員制」というスタイルも一般的になってきており
「ささやかなパーティー」を挙げるカップルも多くなっています。

>>授かり婚でお急ぎなら「ハナユメ」がおすすめ

挙げてよかった!となりやすい時代

現在は授かり婚が珍しいことでなくなったと同時に、「挙げやすい時代」であると言えます。

その大きな要素としては、「結婚式の準備が楽になった」ことがあります。

以前であれば、無数のオプション・アイテムを1つ1つ選ぶ必要がありましたが
現在では「セット」になっていて、まるで「コース」を選ぶプランも多く
それに伴い、結婚費用の減少も進んできています。

後ろめたく考えるのではなく、”だからこそ挙げる”カップルもいるほど
包み隠さず、しっかりと結婚式を挙げるカップルは多いです。

そして「やってよかった」という意見が、圧倒的に多こともまた事実です。

もしかしたら、

「親がまだ結婚に対してよく思っていない・・・」といった
事情を抱えるカップルの方々もいるかもしれません。

だからこそ、ある意味で「けじめ」となるのかもしれません。

授かり婚を挙げる際の大切な心得

最後に、授かり婚を挙げる・準備する際の大切なことをまとめておきます。

まず鉄則として、

できる時にできることをできるだけやっておく

ということを忘れずに意識しましょう。

妊娠中に結婚式を挙げる、そのための準備をするカップルには

  • 妊娠が発覚して入籍し、式を挙げることになった
  • 入籍して、結婚式を挙げることにしてから、妊娠が発覚した

その時期や経過は様々ですが、基本的には以上の2つのパターンが考えられます。

更に共通して心得て欲しいことに、<妊娠している>と自覚することです。

これは当然のことでもありますが、「だから、こうするべき」
しっかりと考えて行動するために必要であり、非常に重要なことになります。

そしてそれ以降に大切な心得として、できる時にできることをやってしまうことです。

当サイトのみならず、「結婚式に必要な準備」というのはすでに語りつくされています。

その内容に関しては、すでにある程度決まっていることが多く
「いかにスムーズに、忘れ物なく行うか」が、より注目される事柄であり
その「進行スピード」は、妊娠中であればより重要さを増します。

「安定期」には、やはり刺激・負担を少なく日々を過ごす必要があり
結婚式の準備はお休みする、もしくは安定期が過ぎた後に行うことが推奨されます。

しかしながら、そうでない時期も「つわり」をはじめとした
妊娠中特有の体調不良が起きるものであり、なかなか準備が進まないことは”あるある”です。

いつよくなるか、いい時期がどのくらい続くか、ということも予測できません。

2~3ヵ月続いてしまうことも珍しくはなく、予定が立てられない場合も多いです。

だからこそ、「いい時」に一気に済ませておくのです。

お腹は大きくなっていくもの

これも、言うまでもない当然のことになります。

ドレスを決める際のサイズだけでなく、大きくなるお腹によって
注意すべき(気になる)要素が増えてきます。

「ギリギリの変更」が難しいことも、結婚式の特徴であり
「本当にその時(当日)にこれでいいのか?」を、しっかりと冷静に考えましょう。

ヘアスタイルやメイク等は、比較的ギリギリでも問題のないものであり
大きくなっていくお腹で準備を進める、という前提で
「準備ができる時の、準備の優先順位」を、決めていくことが必要です。

ゲストの構成等に関しても、妊娠していること・時期によって変わるものであり
やはり「最初の構想」というものが、大きく鍵を握るものになります。

「いつわかったか」で状況が異なるものでもある

以上は広い範囲における、妊婦に向けた結婚式準備の基礎的なアドバイスです。

  • 入籍をした時期
  • 結婚式を挙げる日取り
  • 結婚式の準備の段階

これらは、カップルによって細かく個人差があるものです。

「残された準備期間」と、「準備の経過」もそれぞれです。

いわゆる「できちゃった結婚」は、最も多い比率であると言えますが
慌てて計画・準備をするカップルになりますが、そういった利用者の増加によって
近年「マタニティプラン」といったものが、非常に充実してきています。

決して「恥ずかしい」ということはなく、また全く珍しくはないものなので
ぜひ相応しいプランを選んで、スムーズに準備を進めて欲しいと思います。

また準備中に妊娠が発覚し、披露宴で発表(する・しない)というパターンは
昔から”よくある”ことであり(当日は見た目で分かるくらい)より大きな祝福となります。

いずれにしても、2人で決めるべきことではありますが
隠していても後でバレてしまうことであり、今は隠す必要もそれほどないと思われます。

何より、赤ちゃんも同時に祝福されることは非常に幸せなことのはずです。

いずれにしても、「恥ずかしい」という時代ではありません。

式場が決まっており、あとは準備を進めるだけであれば
やはり「健康第一」で、スムーズに準備できる時期にできるだけのことを勧めましょう。

<協力し合う>という当たり前のこと

もはや当たり前のことすぎて、最後に念のため述べます。

新婦が妊娠した状態における結婚式の準備は、新郎の協力がより重要になります。

ひと昔前の結婚式というのは、どうしても「新婦主導」でした。

しかしながら、現代では男女平等といった意識からも
同じくらい頑張って準備をする傾向があるため、心配はいらないかもしれません。

むしろ、新郎の方が張り切っていることも珍しくはありません。

ただし妊娠した状態における、準備の協力の内容で
険悪な雰囲気になってしまうことも、珍しくはないことが現実です。

自分自身が妊娠するわけではないため、完全に理解することは難しいものですが
より気遣い・思いやりが、必要な状態であることは言うまでもなく
新婦の体調が思わしくなく、「何もできない」という時にこそ
「男性だけでもできること」を進めておく、といった意識が必要です。



ABOUTこの記事をかいた人

アバター

ウェディングプランナーとしての経験を活かして
「準備の前」から「終わった後」まで、ずっと幸せな気持ちが続くような
最高の結婚式を挙げるための「ちょっとしたコツ」を提供していきます。
現在もブライダルの現場で働き、「最新の結婚式」をレポート中。
このサイトについて